子宮筋腫でやってはいけないことは、女性ホルモンのバランスを崩すような生活を送ることです。子宮筋腫でやってはいけないことで気になる方はぜひ参考にしてください。

子宮筋腫とは

 子宮筋腫は、平滑筋と線維性結合組織で構成され、妊娠可能な年齢の女性に最も多くみられる非がん性腫瘍で、子宮平滑筋腫または子宮筋腫とも呼ばれるものです。35~50歳の女性の約70~80%に発生するといわれています。

 無症状の場合もあれば、痛み、多量の月経血、不妊症などの症状を引き起こす場合もあります。子宮筋腫は、子宮内の部位によって分類されます。例えば、粘膜下筋腫は、子宮腔に最も近い筋層で観察されます。

 子宮筋腫は、非常に小さいもの(オレンジの種くらいの大きさ)から非常に大きいもの(グレープフルーツくらいの大きさ)まであります。症状は人によって異なり、筋腫の大きさと位置によって異なります。

 月経時の大量出血、けいれん、骨盤の圧迫といった単純なものから、不妊や流産の再発といった生殖に関する問題まで、さまざまな症状があります。

子宮筋腫発症の原因

 子宮筋腫の発生原因は、遺伝的素因、ホルモン分泌の変化、環境・生活習慣・食事など様々な要素が複合的に作用して発生するということが研究で示唆されています。

 特に、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのレベルが上昇すると筋腫の成長を誘発し、一方、テストステロンというホルモンのレベルが低いと抑制する可能性があることが研究で示されています。

子宮筋腫の根本的な原因はホルモンバランスの乱れ

 子宮筋腫の根本的な原因はホルモンバランスの乱れにあります。子宮筋腫の根本的な原因は、ホルモンバランスの乱れです。

 子宮筋腫は平滑筋腫とも呼ばれ、子宮に発生する良性の腫瘍で、特定のホルモン、すなわちエストロゲンとプロゲステロンがその形成の主要な原動力であると考えられています。

 これらのホルモンが高濃度になると平滑筋腫の生成を促進し、エストロゲンとプロゲステロンの濃度が高くなるとアンドロゲンレベルも高くなるとされています。

 この女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスが崩れることで、子宮筋腫ができやすい環境が生まれます。

 さらに、ストレスホルモンであるコルチゾールの影響は、コルチゾールレベルの上昇が特定のホルモンの産生を増加させます。

 さらに、ホルモンレベルのさらなるアンバランスにつながることから、筋腫形成に影響を与えることが認められています。

 また、肥満や糖尿病などの生活習慣、毒素や汚染物質などの環境要因、子宮筋腫の家族歴などが、子宮筋腫の発生を助長する可能性があります。

 子宮筋腫でやってはいけないことは、ホルモンバランスを崩すような生活環境を作ることです。

 ホルモンバランスを良好に保つことで、子宮筋腫を改善することができます。

【子宮筋腫の悩みから解放!今話題のホルモンバランス改善治療法はこちら】

エストロゲンとプロゲステロン

 卵巣から分泌されるホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあり、どちらも月経周期や女性の生殖器官および第二次性徴の発達に重要な役割を担っています。

 この2つのホルモンは、生殖周期を調整し、周期の初めに子宮内膜が厚くなることを引き起こします。

 エストロゲンは子宮内膜の成長を促し、プロゲステロンは受精卵が着床できるように準備し、また妊娠を維持します。

 受精卵が着床しない場合は、2つのホルモンの複合作用により、子宮内膜が剥がれ落ち、月経が起こります。

 この2つのホルモンが主流ですが、卵巣からはインヒビン、リラキシン、抗ミューラーホルモンなど、いくつかの副次的なホルモンも分泌されています。

 これらのホルモンは多様な役割を担っており、生殖機能の恒常性の調節、卵胞形成と排卵の促進など、いくつかの重要なプロセスに関与しています。

 このエストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスが崩れることで、子宮筋腫ができやすい環境が生まれます。

 子宮筋腫は、思春期から更年期までの女性なら誰でもできるもので、これらのホルモンの変動によって子宮内に形成される良性の増殖細胞です。

 子宮筋腫は一般的に非がん性であり、健康全般に対する深刻な脅威とはなりませんが、この組織の異常増殖は身体的および心理的な問題を引き起こす可能性があります。

 子宮筋腫の一般的な症状としては、月経時の出血量の増加、腹部または骨盤のけいれんや膨満感、セックス時の痛みなどがありますが、中には全く症状が現れない女性もいます。

 子宮筋腫を放置すると、不妊症や慢性的な痛み、子宮摘出などの健康問題につながる可能性があります。

【子宮筋腫を絶対なくす!今話題のホルモンバランス改善治療法はこちら】

子宮筋腫は手術などでは完全に治らない

 子宮筋腫は手術や、GnRH療法などの薬物療法などでは治りません。

 病院では、子宮筋腫と診断されると、手術などの化学療法を勧められ、子宮筋腫の根本的な原因となるホルモンバランスの乱れを改善する治療法は教えてくれません。

 それは、医師は、資格取得のために勉強する内容が病気の治療や病的な行動、医薬品や毒物、手術の知識に限られており、ホルモンバランスの治療には精通していないからです。

 子宮筋腫の根本的な原因となるホルモンバランスの乱れを改善しない限り、再発や、新たな子宮筋腫が発症してしまいます。

【子宮筋腫を手術したくない方、必見!ホルモンバランス改善治療法はこちら】

子宮筋腫でやってはいけないこと

 子宮筋腫がある場合、子宮筋腫でやってはいけないことは、ホルモンバランスを崩すような生活環境を作ることです。

 ストレス、環境毒素、遺伝的要因などはすべて、子宮筋腫につながる可能性のあるホルモンバランスの乱れの原因として理論化されています。

 ホルモンバランスの乱れや生活習慣などの複合的な要因が子宮筋腫の主な原因であることが明らかになりつつあります。

 ここでは、子宮筋腫でやってはいけない行動や食事などについて、その代表例のいくつかを紹介します。

【子宮筋腫を絶対なくす!今話題のホルモンバランス改善治療法はこちら】

子宮筋腫でやってはいけない行動

市販の薬の服用

 子宮筋腫でやってはいけないことの一つに、市販の薬の服用があります。

 イブプロフェンなどの市販の痛み止めは、さまざまな深刻な副作用を引き起こす可能性があるため、子宮筋腫の症状を緩和するために服用すべきではありません。

 イブプロフェンは、子宮筋腫に関連する痛みをコントロールするのに有効ではなく、一時的な緩和をもたらすだけです。

 イブプロフェンの長期使用は、消化管出血、高血圧、心血管疾患の発症リスクと関連があるとされています。

 したがって、イブプロフェンやその他の市販薬は、子宮筋腫の症状を悪化させる可能性があるため、医療従事者に相談することなく服用するべきではありません。

 さらに、イブプロフェンなどのNSAIDsは、排卵や月経周期に悪影響を及ぼすとされているため、妊娠を希望する女性への使用は推奨されません。

 したがって、子宮筋腫の女性は、子宮筋腫の症状を治療するためのより良い選択肢として、より自然で薬に頼らないホルモンバランス改善治療を検討する必要があります。

喫煙

 喫煙は、子宮筋腫のリスクを高める可能性があるため子宮機種の症状がある人は絶対にやってはいけないことの代表例です。

 タバコの化学成分は、腫瘍のリスクを高め、既存の腫瘍をより大きくする可能性があります。

 タバコには4000種類以上の有害成分が含まれており、特に一酸化炭素、アンモニア、ニコチンが有名ですが、その他にも体にダメージを与え、腫瘍の増殖に寄与する発がん性物質が数百種類も存在します。

 最近の研究によると、長期喫煙者(少なくとも10年以上)の女性は、喫煙しない人に比べて子宮筋腫を発症する確率が2倍になったそうです。これは、ニコチンの存在がすでに発がん性であることが知られているためです。

 さらに、喫煙は、毒素や有害な化学物質の存在と戦う体の能力を低下させる可能性があるため、潜在的な腫瘍の成長のリスクを増加させます。

睡眠不足

 子宮筋腫でやってはいけないことの一つに、睡眠不足があります。十分な睡眠をとらないと、健康や感染症や病気を撃退する能力に悪影響を及ぼし、体の治癒過程や自然な防御機構を著しく低下させる可能性があります。

 子宮筋腫による慢性的な痛みや不快感にすでに悩まされている場合、物理的・環境的な要因が重なり、質の良い睡眠をとることがさらに難しくなることがよくあります。

 睡眠不足は子宮筋腫の重症度に悪影響を及ぼします。いくつかの研究では、睡眠不足が筋腫の大きさの増加、不快感や痛みのレベルの増加、より頻繁な再発に関連しているとされています。

 そのため、子宮筋腫を管理し、その悪影響を軽減するためには、毎晩の十分な休息を確保することが重要です。

ストレス

 子宮筋腫でやってはいけないことの一つは、ストレスです。

 慢性的なストレスは、特にコルチゾールというホルモンを過剰に分泌させる引き金となり、体内のバランスをいくつか崩し、将来的にさらに深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。

 ストレスを溜めすぎると症状が悪化するので、リラクゼーション活動を行ったり、カウンセラーやセラピストに相談したり、定期的にセルフケアを行うなど、ストレスレベルを下げるための対策を講じることが重要です。

 ストレスを解消し、リラックスする時間を持つことは、長期的にあなたの身体と心に利益をもたらすものです。

肥満、太りすぎ

 子宮筋腫でやってはいけないことの一つに、肥満があります。太りすぎや肥満の女性は子宮筋腫を発症するリスクが高く、すでに子宮筋腫がある場合は、子宮筋腫が大きくなる確率が高くなると言われています。

 また、肥満は子宮筋腫の発症リスクを高めるだけでなく、月経時の多量出血や腹痛など、既存の子宮筋腫の症状を悪化させる可能性があります。さらに、肥満でBMIが高いほど、症状が重くなることが分かっています。

 太り過ぎは他の健康問題にもつながり、女性の妊娠の可能性を低くする可能性があります。定期的な運動と健康的な食事は、筋腫を小さくし、症状を改善するのに役立ちます。

 減量が不可能な場合は、他の可能性のある治療法について医師と相談することが望ましいとされています。

運動不足

 子宮筋腫でやってはいけないことの一つは、運動不足です。運動はホルモンバランスの乱れを調整するのに役立ち、時間とともに筋腫の大きさや数が減少することが分かっています。

 運動によって生じる血流の増加は子宮筋腫のサイズを縮小し、痛みを緩和するのに役立ちます。

 ウォーキング、水泳、サイクリングなどの有酸素運動に加えて、筋力や抵抗力のトレーニングは、筋肉や骨の強度を高め、バランスを改善し、怪我のリスクを減らし、さらには全体的な気分を向上させるのに役立ちます。

 運動プログラムを始める前に、医療従事者に相談し、正しい種類の運動が推奨され、患者さんの特定のニーズに合わせて行われるようにすることが推奨されます。

激しい運動や長時間のランニング

 激しい運動や長時間のランニングは、子宮筋腫を悪化させ、大きくする可能性があります。

 激しい運動や長時間の運動は子宮に過度の負担をかけ、子宮筋腫を肥大化させる原因となることがあります。

 ランニング、エアロビクス、縄跳びなどの活動はすべて、子宮筋腫が肥大するリスクを高める可能性があります。

 ヨガ、サイクリング、水泳などの穏やかな運動は、子宮筋腫のリスクの増加や悪化と相関があることは分かっていません。

 子宮筋腫のある女性は、運動をする前にまず婦人科医に相談し、体の声を聞きながら適切な強度と時間を確保することが推奨されます。

【子宮筋腫の悩みから解放!今話題のホルモンバランス改善治療法はこちら】

子宮筋腫でやってはいけない食事

 子宮筋腫がある場合、子宮筋腫でやってはいけないことは、ホルモンバランスを崩すような生活環境を作ることですが、食事にも避けた方がよいものがあります。

アルコール摂取

 アルコールは少量や適量でも子宮筋腫の症状を悪化させる可能性があるため、絶対に避けなければなりません。

 アルコール飲料は、筋腫の成長に寄与するエストロゲンのレベルを増加させる可能性があるため、アルコールの摂取を制限する必要があります。

 このことは、筋腫として知られる良性腫瘍の発生リスクが高く、特に出産期に多いあらゆる年齢の女性にとって、極めて重要なことです。

 子宮筋腫は妊娠中にエストロゲンレベルのさらなる上昇により、大きさと数が増加する傾向があるため、妊娠中の女性や妊娠を希望する女性は妊娠中のアルコール摂取を控えることが必要です。

 子宮筋腫のある女性は、筋腫をさらに悪化させる潜在的なリスクを減らすために、飲酒を制限することが推奨されます。

カフェイン摂取

 カフェインは、子宮筋腫の症状を悪化させ、治療の効果を妨げる可能性があります。したがって、お茶、コーヒー、エナジードリンク、チョコレートなど、カフェインの供給源はすべて避けることを強くお勧めします。

 少量のカフェインであっても、症状を悪化させるリスクが高まります。子宮筋腫のある方は、カフェイン入りのソフトドリンクの摂取も控えた方が良いでしょう。

 腹部膨満感や痙攣などの症状や痛みを避けるために、水や自然な甘さのお茶を摂取するとよいでしょう。

人工添加物

 子宮筋腫で食べてはいけないものは、人工添加物です。

 水素添加油、硝酸塩、亜硫酸塩、MSG、アスパルテームなどの添加物は、子宮筋腫などのエストロゲン様化合物の形成リスクを高めることが分かっているため、避けるべきとされています。

砂糖

 過剰な砂糖は、体内の特定のホルモンの分泌を増やし、炎症や好ましくない病気の原因となります。そのような物質は体へのストレスを増大させ、筋腫を過剰に成長させる可能性があります。

 避けるべき食品は、白砂糖や加工糖、はちみつ、高果糖コーンシロップ、果糖、麦芽糖、濃縮果汁などです。

 さらに、白いパンやご飯などの炭水化物、ジャガイモなどのでんぷん質の野菜も、体内で分解されると糖分の増加につながるので、これらはできるだけ控えるようにしましょう。

 また、甘いお菓子、人工甘味料、ソーダや甘い紅茶、ダイエットソーダなどの甘い飲み物も避けるべきです。

 また、多くの調味料やソースには多量の甘味料が含まれていることがあるので、ラベルをよく確認した方がよいでしょう。

揚げ物

 飽和脂肪酸が多く含まれる揚げ物です。高脂肪食品は、脂肪の過剰摂取によって子宮筋腫に関わるホルモンが不安定になり、症状を悪化させる可能性があるため、余計に火に油を注ぐことになります。

 ファーストフード店の揚げ物には、不健康な脂肪や化学物質、着色料、添加物などが多く含まれており、症状を悪化させる可能性があるため、避けるべきです。

加工食品

 加工食品には、子宮筋腫の治癒を含む多くのプロセスで体を助けることができる必須ビタミンとミネラルが欠けています。

 これらの食品は、不健康な脂肪、ナトリウム、精白糖が多く含まれており、これらはすべて、筋腫の成長の引き金となることが知られている炎症を引き起こす原因となるものです。

 缶詰のスープ、缶詰の果物、冷凍食品、ポテトチップス、フライドポテト、加工肉などの食品は、できるだけ避ける必要があります。加工肉は、ベーコン、ホットドッグ、デリミートなどが挙げられます。

 子宮筋腫の女性は、牛肉、豚肉、羊肉などの赤身肉の摂取を制限したほうがよいという研究報告があります。

 また、レバー、腎臓、心臓などの内臓肉も同様で、これらは脂肪が多いだけでなく、子宮筋腫の発生を助長するホルモンも多く含まれているためです。

 さらに、加工食品はトランス脂肪酸や飽和脂肪酸を多く含むことが多いので、加工食品全般を避けることが推奨されます。

ファーストフード

 子宮筋腫で食べてはいけない食べ物は、ファーストフードです。なぜなら、ファーストフードは不健康な脂肪が非常に多く、炎症を促進したり、エストロゲン値を上昇させる原因になったりするからです。

 エストロゲンは子宮筋腫の成長を促進するホルモンなので、摂り過ぎると症状を悪化させることにつながります。その上、多くのファストフードには添加物や保存料が含まれており、これも症状を悪化させる可能性があります。

 また、ファストフードは食物繊維が少ないので、健康的な食生活を送るためには避けるべきでしょう。

 さらに、ファストフードは一般的にカロリーが高いため、不健康な体重増加や脂肪の蓄積の原因となり、子宮筋腫の症状を悪化させる可能性があります。

 このような理由から、子宮筋腫の症状を改善するためには、ファストフードを避けるのが最善といえます。

乳製品

 子宮筋腫で食べてはいけない食品は、乳製品です。特に、チーズやプロセスミルク、全脂肪乳など、特定の乳製品を大量に摂取すると、そのリスクが高まります。

 特に、ヘビークリーム、サワークリーム、クリームチーズなどの高脂肪乳製品も、子宮筋腫を患っている方は避けた方がよいでしょう。

 さらに、アイスクリーム、フローズンヨーグルト、ケーキなど、乳製品を使ったデザートは、ごく少量にとどめましょう。カロリーが高いだけでなく、脂肪分も多いので、子宮筋腫のある人にはあまり向いていません。

 ココナツベースの製品やアーモンドミルクなど、乳糖を含まない代替品を利用すると、子宮筋腫の成長を妨げることなく、必要な栄養素を摂取することができます。

【子宮筋腫の悩みから解放!今話題のホルモンバランス改善治療法はこちら】

子宮筋腫の症状

 子宮筋腫は、通常、思春期以降に出現する非がん性の腫瘍で、大きさは、ほとんど検出できない小さな塊から、見えたり感じたりする大きな塊までさまざまです。

 子宮筋腫の一般的な症状としては、月経時の大量出血、骨盤の不快感、頻尿、便秘、膀胱を空にすることの困難さなどが挙げられます。

 場合によっては、子宮筋腫を持つ女性は、不妊症、性交時の痛み、貧血、不妊症などを訴えることがあります。

 最も極端なケースでは、子宮筋腫が流産や早産を引き起こすこともあります。

 さらに、子宮筋腫の大きさや位置によっては、激しい腹痛や骨盤圧迫、腹部膨満感などを引き起こすこともあります。

 子宮筋腫の治療には、経過観察、避妊薬や黄体ホルモン療法などのホルモン療法、子宮摘出術、開腹筋腫核出術、子宮動脈塞栓術、ラジオ波焼灼術などの外科的手術など、さまざまな方法があげられます。

 残念ながら、これらの方法では、子宮筋腫を根本的に改善できないため、再発等のリスクが避けられません。

 なぜなら、目先の症状を改善するだけで、子宮筋腫を根本的に改善する方法ではないからです。

【子宮筋腫を絶対なくす!今話題のホルモンバランス改善治療法はこちら】

子宮筋腫と更年期障害

 子宮筋腫と更年期障害は、様々な点で相互に関連しています。

 子宮筋腫(平滑筋腫)は、子宮の筋壁にできる良性の腫瘍です。エストロゲンなどのホルモンが、子宮細胞の増殖を促すことが原因と考えられています。

 閉経を迎え、エストロゲンの分泌が減少すると、筋腫の成長を抑えることができなくなるため、当初は筋腫の数が増加します。

 数年後、ホルモンレベルが低下するにつれて、筋腫は通常縮小します。この筋腫の減少は、循環エストロゲンのレベルが低下したためと思われます。

 注意すべきは、閉経後に筋腫の数が減少することはよくありますが、症状のある筋腫が発生するリスクが高いということです。

 これは、エストロゲンの減少に伴い、体内に存在する他のホルモンのバランスがより重要になるためです。体内のホルモンバランスが崩れると、より重症の子宮筋腫を発症しやすくなる可能性があります。

 また、子宮筋腫の既往がある女性は、子宮摘出などの手術や治療により、更年期に合併症を起こすリスクが高くなることを認識しておくことが大切です。

 したがって、過去に子宮筋腫があった場合は、閉経前に医師または婦人科医に相談することが有益です。

 正しいホルモンバランスの改善と管理により、女性は子宮筋腫に関連する合併症を少なくして更年期を過ごすことができます。

【子宮筋腫を絶対なくす!今話題のホルモンバランス改善治療法はこちら】

子宮筋腫と貧血

 子宮筋腫と貧血には関連性があり、貧血が原因で起こることもあります。子宮筋腫による月経の出血量が多いと、ヘモグロビン濃度が低下し、貧血になることがあります。

 その他に考えられる症状や影響としては、脱力感、集中力の低下、めまい、頭痛、手足の冷えなどがあります。さらに、早産、流産、不妊症、死産などのリスクも高くなります。

子宮筋腫と生理痛

 子宮筋腫は、痛みを伴う月経痛をはじめとするさまざまな症状を引き起こします。子宮筋腫がある女性は、そうでない女性に比べて生理痛がかなり強く、日常生活が困難になることがあります。

 さらに、子宮はホルモンの変動に影響される臓器であるため、さらなる痛みや不快感につながることもあります。

月経困難症

 月経困難症は、生殖周期の途中で下腹部に激しいけいれんを起こす症状を特徴とする月経障害の一種です。

 月経困難症の正確な原因は不明ですが、ホルモンバランスの乱れ、骨盤内炎症性疾患、子宮内膜症、線維腫、心身症など、いくつかの異なる要因が関連していると言われています。

 月経困難症になると、下腹部痛、骨盤のけいれん、腰や太ももへの放散痛が生じます。また、吐き気、嘔吐、下痢などの症状が出ることもあります。

 さらに、月経周期中に頭痛、疲労感、睡眠障害などが起こることもあります。

 月経困難症の症状を改善するために、多くの場合、生活習慣の改善と薬物療法が行われます。これらの改善には、栄養の改善、運動、リラクゼーション法などが含まれます。

 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、女性の月経周期中に起こるけいれんや炎症を緩和するためによく使用されます。その他、基礎疾患やホルモンバランスの乱れを治療するために、医学的介入が必要な場合もあります。

 最も効果的な治療は、子宮筋腫と同じく、ホルモンバランスの乱れを改善することが根本的な改善につながります。

子宮筋腫と妊娠

 子宮筋腫は、妊娠中と非妊娠中の両方に存在する可能性がありますが、エストロゲンのレベルが上昇するため、妊娠中の女性や出産適齢期の女性に発生しやすいとされています。

 ほとんどの場合、子宮筋腫は妊婦や胎児に害を与えませんが、不正出血、貧血、腹部のけいれんや痛みなどを引き起こすことがあります。

 また、子宮筋腫が成長を続けて子宮が大きくなりすぎたり、胎児の成長を妨げたりすると、早産につながる可能性があります。

 妊娠中で、子宮筋腫と診断された場合は、産科医の定期検診を受け、筋腫の大きさや位置を観察することが重要です。場合によっては、お母さんと赤ちゃんの安全を確保するために、子宮筋腫を手術で取り除く必要があります。

子宮筋腫と不妊

 不妊症に関して、子宮筋腫は合併症を引き起こす可能性があります。具体的には、筋腫の大きさとその位置が不妊に大きな影響を与えることがあります。

 筋腫が大きい場合、卵管閉塞を起こすことがあります。そうすると、卵子と精子が効果的に結合することができなくなり、不妊症の原因となります。

 また、大きな筋腫は子宮内膜を圧迫し、着床を妨げたり、邪魔になったりすることもあります。子宮の内壁にある小さな筋腫も、卵子の受精や胚の着床を妨げることがあります。

 したがって、多量で長引く出血、腰痛、骨盤のけいれんなどの子宮筋腫の兆候を認識し、適切な診察と指導を受けることが重要です。

月経前症候群(PMS)

 月経前症候群は、一般にPMSと呼ばれ、月経周期が始まる前の1~2週間に罹患する疾患です。

 PMSは、生殖年齢にある多くの女性に共通する症状で、軽度なものから非常に重いものまであります。

 症状としては、通常、下腹部の両側に感じる腹部のけいれんや、月経周期に伴う腰痛がよくみられます。

 その他のPMS症状としては、腹部膨満感、頭痛、乳房の圧痛、便秘、下痢、吐き気、嘔吐、食欲不振、疲労、うつ、過敏性などがあります。

 運動や休養、リラックス、バランスのとれた食事など、さまざまな生活習慣の改善がPMSの症状を和らげるのに役立ちます。

月経前不快気分障害(PMDD)

 月経前不快気分障害(PMDD)は、通常、月経直前に起こる大きく激しい気分の変動が特徴の疾患です。

 PMDDは、特定の周期的または律動的、あるいは循環的な症状のパターンを伴うという点で、月経前症候群(PMS)と関連しています。

 PMDDの最も一般的な症状は、月経前期の後半に、気分不良または抑うつ気分になる期間です。

 その他の症状としては、過敏性、緊張、不安、抑うつ、および腹部膨満感、頭痛、乳房の圧痛、関節や筋肉の痛みなど、さまざまな身体的または肉体的症状があります。

 また、食欲の変化、炭水化物への欲求、睡眠障害、集中力の低下、疲労感などの症状も現れることがあります。

 PMDDは日常生活に支障をきたし、社会的、職業的、心理的に大きな影響を及ぼす可能性があります。

 PMDDの患者さんの中には、人間関係を維持することが難しく、意思決定がうまくいかず、アルコールや薬物の乱用など自己破壊的な行動に走る人もいます。

 適切な治療を行うためには、正確な診断を行うことが重要です。治療には通常、ストレス管理、リラクゼーション法、食事介入などのライフスタイルの変化が含まれます。

子宮筋腫の手術

 子宮筋腫の手術は、患者さんの年齢や現在の健康状態によって、医師が開腹手術か腹腔鏡手術のどちらかを勧めることがあります。

子宮筋腫の開腹手術

 子宮筋腫の開腹手術は、長い間、症状のある子宮筋腫に対する治療の主流でした。

 現在、子宮筋腫の治療は、腹腔鏡検査、子宮鏡検査、塞栓術、ロボット技術「ダヴィンチ」の使用など、低侵襲的な手法で行われるのが一般的です。

 しかし、開腹手術は、一部の女性にとってまだ選択肢の一つです。

 開腹手術は、大きな子宮筋腫、多発性子宮筋腫、難治性出血、卵巣がん、子宮頸がん、子宮内膜がん、また子宮摘出術を同時に希望する女性によく行われる方法です。

 開腹手術は通常、下腹部横切開または腹部正中線垂直切開で行われます。手術中は腹腔鏡器具が使用され、外科医は必要に応じて子宮の可視化、剥離、除去、修復を行うことができます。

 この手術は通常、全身麻酔または脊椎麻酔を必要とし、通常1~3日の入院が必要です。手術後、患者さんは通常、軽度から中程度の痛みと腫れを経験しますが、これは通常、数日から数週間で消えます。

子宮筋腫の腹腔鏡手術

 子宮筋腫の腹腔鏡手術は、小さな切り口、カメラ、専門器具を使用する低侵襲な外来手術です。

 通常、手術終了後、患者さんの回復が早く、通常2~3週間以内に通常の活動を再開することができます。

 この手術は通常、外来で行われ、その最も一般的な利点は、従来の開腹手術に比べて術後の痛みが少なく、感染症のリスクが少ないということです。

 腹腔鏡手術は切開部分が小さいため、より良い美容的な結果をもたらすことが多いのです。また、手術中に大量の血液を失う可能性も減少する可能性があります。

 この低侵襲手術は、子宮筋腫の症状を緩和し、合併症のリスクを最小限に抑えながら持続的な効果を発揮することが証明されています。

 さらに、傷跡が残る可能性も低く、入院期間も短縮されます。子宮筋腫の程度によっては、2時間以内に手術が完了する場合もあります。

 術後は、回復を早めるため、激しい運動や激しい動きは控えるように指示されます。

子宮筋腫の手術後の再発

 子宮筋腫の手術後の再発は、残念ながら非常に多く、5年以内に最大で50%の女性に起こると考えられています。

 再発の症状としては、骨盤内の激痛、腹部の腫れ、出血や生理が通常より重くなったり、回数が増えたりすることがあります。

 さらに、貧血やうつ病、流産や妊娠困難のリスクが高まることによる不妊症の原因になることもあります。

 術前・術後ともに再発の診断には、超音波検査や磁気共鳴画像装置(MRI)を用いて、残っている筋腫の形や大きさを確認し、他の疾患を除外することが必要です。

 再発の可能性を減らすために女性ができることがいくつかあります。健康的な食事と定期的な運動は、再発のリスクを軽減し、アルコールや加工食品を控えるなど、生活習慣の改善にもつながります。

 さらに、体内のエストロゲンレベルのバランスを整えるために、亜鉛、マグネシウム、ビタミンD3を含むサプリメントを摂取することも、ある程度は効果が期待できます。

 ヨガや瞑想、その他の運動など、ストレスを軽減するための手段をとることも、術後の再発の可能性を最小限に抑えることができます。

 最も大事なことは、子宮筋腫の原因がホルモンバランスの乱れにあることを理解することです。ホルモンバランスの乱れを改善しない限り、目先の筋腫を手術で取り除いてもまた新たな筋腫が発症してしまう可能性があります。

【子宮筋腫の悩みから解放!今話題のホルモンバランス改善治療法はこちら】

子宮筋腫でやるべきこととは

 子宮筋腫で行うべきことは、ホルモンバランスの乱れを解消することです。これは、食生活の見直しやライフスタイルの改善、特に加工糖質や精製糖の削減によって実現できます。

 また、低負荷の有酸素運動などの定期的な運動は、ホルモンバランスを整えるのに役立ちます。さらに、瞑想やリラクゼーション法でストレスレベルを下げることも効果的です。

 また、ホルモンバランスの乱れがひどい場合は、子宮筋腫摘出術などの手術が勧められることもありますが、まずは、子宮筋腫の根本的な原因であるホルモンバランスの乱れをなくすことをお勧めします。

 個人差はありますが、早い人では、10日ぐらいで快方に向かう方もいらっしゃいます。

 絶対あきらめないで、正しいホルモンバランスの改善治療法を実践してみてください。

 正しいホルモンバランスの改善治療法を実践すれば、子宮筋腫だけでなく、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣嚢腫、チョコレート嚢胞、生理痛、PMSなどの症状も改善されます。

【子宮筋腫を絶対なくす!今話題のホルモンバランス改善治療法はこちら】