花

妊娠初期4週5週6週7週目の出血が鮮血で少量もしくは大量に出たら、特に初めての妊活をするママは驚きますよね!妊娠初期4週5週6週7週目には様々な理由で出血が出ますが、その出血が少量の鮮血又は大量の鮮血の場合には流産するかもって不安になると思います。そこで、妊娠初期4週5週6週7週目の出血が鮮血の場合、鮮血の量が少量でも大量でも危険なのかまとめました。


スポンサーリンク



妊娠初期4週5週6週7週目の出血が大量の鮮血ではなく少量の鮮血である場合

妊娠初期4週5週6週7週目には様々な理由で茶褐色の出血やピンク色の出血が少量出ることがあります。これらの場合には、そのほとんどが一日から数日でおさまることがほとんですので必要以上心配する必要はありません。

しかしながら、妊娠初期4週5週6週7週目の出血が茶褐色やピンク色ではなく鮮血である場合に流産する危険性があるので注意が必要となってきます。妊娠初期4週5週6週7週目の出血が少量大量に問わず鮮血であるということは、その出血はまだ新しい出血で酸化していない出血であると考えられます。血は、酸化すると茶褐色のような色に変化します。

妊娠初期4週5週6週7週目の出血が大量の鮮血ではなく、少量の鮮血である場合は、ママの体が赤ちゃんを産むための環境づくりの変化の過程で子宮と胎盤との成長のずれが原因である可能性があります。この場合は、心配する必要はありませんが、妊娠初期4週5週6週7週目の出血が鮮血で少量であっても切迫流産の危険性もありますので、鮮血の出血が出た場合には、早めにかかりつけの産婦人科を受診して医師に相談しましょう。その際、鮮血の量や何日続いたか、鮮血以外に腹痛や腰痛がないかなど自分の体の状態を医師に報告できるようにしておきましょう。

妊娠初期4週5週6週7週目の出血が少量の鮮血ではなく大量の鮮血である場合

妊娠初期4週5週6週7週目の出血が鮮血で、その鮮血の量が少量でなく大量に出た場合は、流産の可能性が高く、このまま妊娠を継続させることが難しいと考えられます。妊娠初期4週5週6週7週目に鮮血の出血が大量に出た場合には、ただちにかかりつけの産婦人科を受診しましょう。そして電話でまずご自身の体の現状を説明して、病院に行っても良いか、しばらく安静にしていたほうがよいかなどの相談をしましょう。大量の鮮血が出てもまずは焦らず、落ち着いて行動しましょう。


スポンサーリンク



妊娠初期4週5週6週7週目の出血が少量又は大量の鮮血が出ても無事に出産するママもいる!

妊娠初期4週5週6週7週目に出血し、その出血が少量又は大量の鮮血であっても、医師の指示に従って安静に過ごして無事に元気な赤ちゃんを出産されたママたちはおられます。従って、妊娠初期に鮮血の出血をした場合、特に、少量でなく大量に鮮血が出た場合でも、焦らず、落ち着いて対応することが大事です。お腹の赤ちゃんは頑張って成長しているのだからママも焦ることなく、冷静に対応しましょう。

少量ないし大量の鮮血の出血が妊娠初期4週5週6週7週目以降に再発するか不安

妊娠初期4週5週6週7週目において少量ないし大量の鮮血の出血があった場合、妊娠を継続することができても、また同じような鮮血が出たらどうしようとヒヤヒヤして過ごしているママもいると思います。当然ですよね。でも一番の敵は、ストレスや不安を自分ひとりで抱え込むことです。絶対、一人で悩まないでください。周囲にいる出産を経験されたママたちや、親、パパなどに相談し、家族の協力を得て、出産するまで落ち着いて安静に過ごしましょう。重い荷物を持ったり、激しい運動をしたりすることは絶対避けましょう。

妊娠初期に少量ないし大量の鮮血の出血が出たら医師に相談すること!

妊娠初期に少量ないし大量の鮮血の出血が出たら、まず安静にして、かかりつけの産婦人科に連絡し、自分の体の現状を説明し、受診しましょう。そして、医師の指示に従って対応するようにしましょう。

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク