産後うつの治療する場合に何科の医師に相談すればよいかはっきりと分かりませんよね。産後うつの治療が何科であるか知っとけおけば、病院にすぐに行って専門家の医師に相談することができますよね。そこで、産後うつの治療をする場合、何科であるのかについて紹介したいと思います。


スポンサーリンク



産後うつの治療は何科なの?

産後うつの治療は、心療内科や精神科になります。病院によっては、心療内科や精神科でない場合もありますので、行きたい病院に「心療内科」や「精神科」があるか事前に調べておくと良いですよね。もし、行きたい病院に「心療内科」や「精神科」がない場合には、病院に問い合わせをして事前に何科になるか調べておきましょう。

産後うつは相談が一番

産後うつになると、一番してはいけないことは、自分ひとりで悩まないことです。一人で悩んでいると余計に症状が重くなる可能性がありますし、ストレスを更に溜めてしまいがちになります。産後うつになった場合には、親や親友に相談しましょう。

おススメは、専門家である「心療内科」や「精神科」の医師に相談することです。最近では、「産後うつ」専門の医師がいる病院もあります。

「産後うつ」の専門家である医師は、産後うつの症状を理解してくれ、産後うつの原因は何であるかなど、あなたをしっかりとサポートしてくれます。

「心療内科」や「精神科」と聞くと、なかなか病院に行くのが抵抗があるかもしれません。でも、ご自分の今の「産後うつ」を治すためには、専門家である医師に相談し、産後うつを治すためには何が必要であるのか的確に教えてくれます。

ですので、勇気を出して専門家の医師に相談しに行きましょう。早めに医師に相談することが今の産後うつの症状を改善させる方法です。

「心療内科」や「精神科」ではどんな治療をするのか

「心療内科」や「精神科」では、専門の医師が、今現状の産後うつの症状や、何が産後うつの原因であるか、産後の悩みは何かなど、細かく聞いてくれ、カウンセリングを行ってくれます。

そして、カウンセリングを行った後、産後うつを改善するための薬を処方してもらいます。

ですので、何も心配することはありません。

医師に相談した後は


スポンサーリンク



気分転換の時間を持つ

医師に相談し、処方薬をもらった後は、無理をせず、安静に過ごすようにしましょう。無理をすると、産後うつの症状が悪化する可能性があります。無理をせず、安静に過ごすことが大切です。さらに、自分の好きな時間を少しでもいいので、持つようにしましょう。例えば、好きな音楽を聴いたり、公園に行って太陽の光を浴びたりするなど、気分転換できる時間を持ちましょう。

定期的に医師に相談

処方薬を飲んでいるだけでは、なかなか産後うつが改善されない場合もあると思います。「少しは、改善されたようだけど、まだ何となくスッキリしない」など思われる場合には、迷わず、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。何でも良いです。ちょっとしたことでも医師に相談するようにしましょう。産後うつの専門家と話をし、相談することにより、産後うつの症状が快方に向かいます。

また、医師だけでなく、周りにいる親や親友にも相談するようにしましょう。一人だけで悩まないことです。そして、頑張りすぎないことです。

また、もし今の医師と相性が良くないとか、親身になってくれないなどの不満がある場合には、セカンドオピニオンとして、別の医師に相談してみましょう。いろいろな医師に出会って相談することにより、産後うつを治すためには何をすればよいかなどの道標が明白になってきます。

2人だけでなく、3人でも、4人でもかまいません。ご自分がこの先生なら信頼できると思う先生に出会うまで、いろんな先生に相談しましょう。いろいろな先生に相談することにより、いろんなアドバイスを知ることができます。その中で、ご自分に合うやり方を見つけて産後うつを治せばいいのですから。

最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。


スポンサーリンク