ハート

産後うつになった場合の治療方法は、心理療法と薬の処方です。産後うつの治療はこれらの方法をうまく利用することによって治すことができます。そこで、心理療法や薬の処方について詳しく説明します。産後うつの治療方法が気になられる方は、是非、参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



産後うつの原因

産後うつになると、一人の力ではなかなか治すことは難しいです。産後うつの原因としては、プロゲステロンホルモンなどのホルモンバランスの変化が主として挙げられています。

妊娠すると、プロゲステロンのホルモンなどが多く分泌されますが、出産後には、多く分泌されていたプロゲステロンなどのホルモンが、妊娠前の状態まで戻ります。

妊娠前のホルモンバランスの状態に戻ることにより、自律神経が乱れ、イライラしたり、情緒不安定などの症状が引き起こされやすくなり、産後うつの症状まで悪化してしまうようです。

また、環境の変化も産後うつの原因になります。出産後は、里帰りなどでご自分の親に周りの世話をしてくれますが、その後は、自分で生活をしなければなりません。

普段の家事だけでもしばらくやっていなかった分、また出産で疲れきった分、なかなか家事をうまくこなすことはできませんよね。その家事に加えて、赤ちゃんの世話までしないといけないので、家事と育児の両方をこなすことはかなりきついですよね。

そこで、自分ひとりで何とか頑張ろうと無理をすると、自律神経が乱れ、不眠症などの症状が引き起こされ、ひどい場合には産後うつになってしまうようです。


スポンサーリンク



病院での治療方法

産後うつを病院の精神科や心療内科で治療することは産後うつを早く効率的に治すことができ、おススメします。

産後うつの治療方法は、専門家の先生のカウンセリングになります。先生には、今の産後うつの症状を尋ねられ、その症状に合ったアドバイスを丁寧にしてくれます。

今の産後うつの症状を治すために、先生には些細なことでも伝えるようにしましょう。いろいろな情報を先生に提供することにより、あなたの症状にベストな治療方法を提供してくれます。
産後うつの症状は、人によって異なります。カウンセリングを定期的に行うことで産後うつの症状が改善されるようであれば、カウンセリングのみになります。

一方、カウンセリングだけでは産後うつを治すのが困難である場合には、抗うつ剤や精神安定剤などの投薬治療を行うことになります。

処方される薬は、その症状の程度により異なります。病院の先生に相談された場合には、ほとんどの方が薬を処方されるようです。

先生との信頼関係が大事

産後うつを早く治すためには、病院の先生にカウンセリングを受けることが大切ですが、先生との信頼関係が重要です。「この先生は私のことを本気で考えてくれている」という気持ちが伝わってくる先生に相談しましょう。

先生との信頼関係が気づけないなとか、この先生は自分のことを本気で考えてくれていないななど感じられるときは、セカンドオピニオンとして別の先生に相談することも検討しましょう。

また、個人的には、男性の先生よりも女医の先生の方をおススメします。

男性の先生よりも女医の先生の方が女性の体の悩みを相談しやすいですし、女性の先生であれば同じ女性であるので親身に理解してくれると思います。

産後うつの治療は頑張らないことが基本

産後うつを治療するためには、まずは、ゆっくり休むことが基本となります。妊娠してから出産するまで、精神的にも肉体的にもママの体は頑張った状態ですので、まずは、ゆっくりと安静に過ごすことが重要です。そうした上で、先生のカウンセリングや薬の服用を利用するようにしましょう。

赤ちゃんのためにも産後うつを早く治さなければなどと決して頑張らないでください。産後うつの状態で頑張ろうとするのは逆効果になります。とにかく、安静にゆっくりと過ごすことを徹底させてください。

産後うつは、頑張りすぎたママの証です。授かった命を無事に出産した自分を褒めてあげましょう。精神的にも肉体的にもギリギリまで頑張った分、今は体を休めて心身ともにリラックスしようという気持ちで過ごしましょう。

最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。


スポンサーリンク