ママ

産後うつになった場合に治療は病院で行うのが望ましいです。産後うつに治療は専門家である医師に病院でカウンセリングを受け、薬を処方してもらうのが最も早く産後うつの症状を改善し、完治させる方法です。そこで、産後うつを病院で治療してもらう場合の手順について紹介させていただきます。産後うつを治療するために病院を検討されている方は、是非、参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



産後うつの治療は簡単ではない

産後うつになると自分だけの力で治療するのは大変難しいです。

産後うつは、妊娠してから出産するまでに肉体的にも精神的にも疲れきった状態で発症してしまうので、そのような疲弊した状態では、なかなか自分の力だけでは治せないのは当たり前です。

絶対に、何とか自分で治そうと頑張らないでください!

すでに妊娠から出産まで体がボロボロになるまで頑張ってきたわけですから、それ以上、頑張らないで、とにかくゆっくりと安静に過ごすようにしてください。

産後うつの治療は何科に行けばよいか?

産後うつを病院の先生に相談して治療してもらう場合、まず、何かに行けばよいか迷いますよね。

産後うつは、精神科や心療内科で治療することになります。精神科や心療内科には、産後うつ専門の先生もおられる病院もあります。先生も男性ではなく女医の方がおられるところもあります。

やはり、男性の先生ではなく、女性の先生の方が、女性の体について親身に対応して相談してくれそうですよね。

まずは、お近くの病院で精神科や心療内科がある病院を探してみましょう。病院によっては、精神科や心療内科ではなく別名の科の場合もあります。

希望する病院が見つかったら、電話でその病院に「産後うつの治療を受けたいのですが」などと問い合わせをすれば、産後うつの治療に対応しているかどうか教えてくれます。

また、出産までお世話になった産婦人科にまずは相談することもおススメです。自分の病院で出産された方なので大事に対応してくれます。産後うつに詳しい先生がいる病院を紹介してくれることもあります。

また、出産までお世話になった病院が大きな総合病院である場合には、その病院内に産後うつを治療することができる精神科や心療内科などがある場合が多いので、出産した病院でお世話になることもできますよね。


スポンサーリンク



産後うつの治療とは?

産後うつの治療は、大きく分けて二つに分かれます。

まず一つは、カウンセリングです。産後うつの現在の症状を詳しく聞いてもらい、何が産後うつの原因なのかを突き止め、あなたに一番合ったアドバイスをしてくれます。

ですから、先生には、いろいろと相談しましょう。まずは、先生とたくさん話をして聞いてもらいましょう。そのためには、先生に伝えたいことや相談してもらいたいことなどを予めメモをとって準備しておくことで、先生とのコミュニケーションでうまくいきますよね。

二つ目は、薬の処方です。カウンセリングは終わったら、必要であれば、薬が処方されます。薬は、その人の産後うつの度合いなどを考慮して、その人に合った薬を処方してくれます。ですから、あなたの症状に合った薬を処方してもらうためにも、産後うつの現在の症状や、睡眠時間はどのくらいでいつ頃寝ているか、一日の中で一番疲れやすい時や時間帯はいつか、悩みは何かなどなど、詳しく先生に伝えましょう。もちろん、産後うつの専門家である先生の方からいろいろと質問をしてくれますので、リラックスしてカウンセリングを受けましょう。

産後うつの治療を早く終わらせるためには

産後うつの治療を病院の専門家の先生に相談し、先生のアドバイスに従って生活をすることが大事です。また、生活の中で苦しくなったときや疲れたときには、いつでもかかりつけの先生に会いに行って相談するようにしましょう。

定期的に先生に会ってコミュニケーションをとることは、産後うつの症状を改善するためにはともて大事なことです。頻繁に先生と会うようにしましょう。専門家である先生と話をするだけでもかなり心が癒されると思います。

また、頑張って産後うつを治そうとは決して思わないでください。

妊娠から出産までの間、もう十分に頑張ったじゃないですか?

自分の体を精神的にも肉体的にもボロボロにしてでも、授かった命を守りぬいたじゃないですか?

これ以上、無理して頑張る必要なんてありません。今は、ゆっくりとご自分の体をケアするときです。

そして、自分のことを褒めてあげてください。「頑張って赤ちゃんを産んだことによくやった」と褒めてあげてください。

産後うつの原因は、妊娠から出産までのホルモンバランスの変化や自律神経の乱れなどが大きく関わっている場合が多いようです。

これって、自分の体を酷使して、授かった命を守り抜いた証ですよね?

赤ちゃんを無事に産んだということに、女性として誇りを持って、まずは、酷使したご自分の体をゆっくりと休みながらケアするようにしましょう!

産後うつは、頑張りすぎたママの証だと私は思っています。

最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。


スポンサーリンク