赤ちゃんのかわいい手

産後うつを発症した場合に治療期間はいつまでかかるのか、産後うつの目安になるような治療期間を知っておくことで、安心しますよね。自分が産後うつになった場合には、いつまでこの状態が続くのか、いつ頃治るのか、気になると思います。そこで、目安ではありますが、産後うつを発症した場合に治療期間はどのくらいなのかまとめてみました。産後うつの治療する期間について気になる方は是非、参考にしてみてください。


スポンサーリンク



産後うつはいつごろ発症されるの?

産後うつを発症するのはいつごろが多いのかというと、産後1週間から1ヶ月ごろの間に産後うつになられる方が多いようです。

ホルモンバランスの変化

早い人の場合は、産後1週間で産後うつを発症するわけですが、これは、ホルモンバランスの変化が理由として挙げられます。

妊娠するとプロゲステロンなどのホルモンが多く分泌され、妊娠前とはホルモンバランスが大きく変化します。

一方、出産を終えると、妊娠前のホルモンバランスに戻ろうとするために、ホルモンバランスが変化します。このホルモンバランスの変化により、精神的にイライラしたり、気分にムラができ、それらの症状がひどくなることで、産後うつになってしまいます。

ですから、産後1週間程度で産後うつになった場合には、病気であると思わないでください。産後うつは、ホルモンバランスが乱れて起きる生理的なものだと思ったほうが気が楽になると思います。

産後うつになったら、とにかく、頑張らないで、ゆっくりと過ごすことが大事です。自分の身を削って頑張って赤ちゃんを出産したのですから、疲れてないわけがありません。ご自分の体だってホルモンバランスの変化など、授かった命を守るためにフル稼働しているわけですから、かなり疲弊していて当然です。ましてや、産後うつまでになるということは、かなり体を酷使し、ストレスやプレッシャーなど精神的にも疲れているわけですから、ただただゆっくりと静養してください。24時間、好きなことだけを考えて、スローライフを徹底してくださいね。


スポンサーリンク



環境の変化

産後1ヵ月後から数ヵ月後に産後うつになるママは、環境の変化が大きいかもしれません。出産時には、里帰りなどでご自分の両親にお世話になる人も多いと思います。だいたい、1ヶ月から2ヶ月程度は、自分の親あるいは旦那様の親にお世話になるのではないでしょうか?

親にお世話になった後は、自分の夫である旦那様と二人三脚で赤ちゃんの世話をしながら生活をしていくことになりますよね。普段、旦那様は、仕事で家を留守にしているわけですから、ママ一人で赤ちゃんの世話をしながら家事をしなければなりません。

出産して体がボロボロになるまで頑張った後、数ヶ月の間だけ、親に甘えた後は、今度は、家事と育児の両方を自分ひとりでしないといけない状況になってしまいます。これって、精神的にも肉体的にも非常にきついですよね。出産後に親に甘えていた生活と比べると、環境の変化のギャップが大きいですよね。このとき、頑張りすぎると、産後うつになってしまうママが多いようです。

産後うつの治療期間はいつまで?

産後うつの治療するための期間は、その産後うつの症状の度合いにもよりますが、産後うつの症状が軽いママであれば、数ヶ月で完治されるようです。

一方、産後うつの症状が重いママは、1年程度かかるようです。この「1年」には理由があります。

それは、出産後1年くらい経過すると、赤ちゃんを育てていく生活リズムが習慣化されるからです。赤ちゃんへの対応の仕方にもなんなくこなすことができ、自分の中で赤ちゃんの子育てに自信が出てきます。

産後うつを早く治すためには

産後うつをなるべく早く治すためには、とにかく頑張りすぎないことです。頑張ろうとすればするほど、プレッシャーやストレスが溜まり、自律神経を乱し、産後うつの症状をひどくさせてしまいます。出産するまで精神的にも肉体的にも頑張って、ボロボロになるまで授かった命を守り抜き、赤ちゃんを出産したわけですから、これ以上を頑張らないでください。とにかくゆっくり休まなければいけません。理想は、24時間、好きなことだけを考えるくらい、自分のペースでゆっくりと時間を過ごすようにしましょう。

自分を褒めてあげてください!

立派に赤ちゃんを出産したことに誇りを持ってください!

そして、今はゆっくりと体を休ませてあげてください。産後うつになるまで、自分の体、命を酷使し、授かった命を守りぬいたわけですから。。。

最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。


スポンサーリンク