産後うつで離婚したいと考えてしまう方もおられます。出産後の育児ストレスや夫の態度などでうつ症状になり離婚したいと考えてしまうようです。出産後の育児は、本当に大変です。そこで、産後うつで離婚したいと考えてしまったら、まずは、その原因等をしっかりと理解しましょう。産後うつの原因等をしっかりと理解することで、今の自分を冷静に見つめなおすことができ、離婚を本当にするべきか落ち着いて考えることができると思います。


スポンサーリンク



産後のうつの症状

産後のうつの症状には、常に気持ちがいらいらしたり、気持ちが暗い状態が続いたり、食欲が落ち、不眠な状態が続く場合などが挙げられます。

今までの生活が赤ちゃん中心の生活に変わり、日ごろの家事に加えて赤ちゃんを世話するために自分の時間を作ることがまずできません。常に、家事と育児をしている状態で生活をしなければなりません。そうした環境の中では、当然にストレスも溜まりやすく、特に初産のママは、赤ちゃんの世話を上手にすることができず、毎日の生活がとても疲れてしまいます。

産後のうつの原因

産後のうつの原因には、主に、以下の3つが挙げられます。

赤ちゃんの育児中心の生活

産後は、赤ちゃんのこと第一に考えた生活になり、常に赤ちゃんの世話をする生活になります。もちろん、今まで行っていた家事をやりながら、赤ちゃんの世話をする生活では、当然に、育児疲れになってしまい、今の環境から逃げたいと考えてしまいがちです。日ごろの家事だけでも大変なのに、家事に加えて赤ちゃんの世話をしなければならないのだから、本当に毎日の生活が辛くて辛くて大変ですよね。あなただけではなく、周りのママたちも、何度も何度も繰り返し、今の環境から逃げたいと考えてしまいます。自分の自由な時間なんて皆無な状態で、毎日を生活していくわけですからね。ホント、産後の生活は精神的にも肉体的にも辛いですよね。

夫の育児への協力が足りない

産後のうつの原因として、夫の育児への協力が足りないことが挙げられます。産後から数ヶ月の間は、夫は、基本的には補助的なサポートをすることぐらいしかありません。基本的には、ママが中心になって赤ちゃんの世話をすることになります。

しかしながら、夫は、家事を手伝うことなど、何かしらママのサポートをすることができますよね。直接的な赤ちゃんへの育児ができないにしても、間接的な育児の協力や、家事の協力など、産後のママをサポートすることはいくらでもあります。夫のママへのサポートが不足している場合には、ホント、夫のそのような態度を見ているだけでイライラしてしまうのは当然です。そのようなママへの協力が足りない夫は、親になった自覚が足りないか、ママが大変な立場であることを理解していないかのどちらかです。夫のママへの気遣いが足りない場合に、産後にうつになり、こんな夫とは一緒にやっていけないと思い、自分の将来の不安から、離婚したいと考えられるママが多いようです。

産後のホルモンバランスの変化

産後のママの体は、ホルモンバランスが大きく変化します。このホルモンバランスの変化によって、精神的に不安手になり、産後にうつになってしまうようです。


スポンサーリンク



産後のうつで離婚を考える前に

産後のうつの原因は、上述の3つが主な原因であり、それらの原因で離婚したいと考えてしまうようです。

しかしながら、これらの原因は、ほとんどのママさんたちが経験していると思いませんか?あなただけでなく、周りのママさんたちも、毎日毎日、自分の時間もなく、24時間ずっと赤ちゃんの育児を中心に生活しているのです。あなただけではありません。また、夫のママへの協力は、家庭ごとに異なると思いますが、多少の夫の不満は周りのママさんたちもお持ちだと思います。出産時の痛みに関して、出産したママしかわからないと同じように、夫には、育児の大変さは分からないと思います。

ですから、夫は頼りにならないくらいの気持ちで夫に頼らない方向に気持ちを切り替えることで夫に対するストレスは軽減されるかと思います。

周りのママたちもあなたと同じように精神的にも肉体的に辛い生活を経験してきていることを理解し、自分だけ辛いのではないと前向きに考えることで、離婚を考え直すことができるかもしれません。また、子供を授かることができない夫婦もたくさんおられます。出産時の痛みも経験できず、自分の愛おしい赤ちゃんとの大切な大切な時間を持つこともできない女性も世の中にはたくさんおられることにも目を向けるべきです。子供を授かることができない女性から見れば、育児で大変なあなたを羨ましく思うことでしょう。あなたにとっては、毎日が苦しくて息もするのも疲れることであっても、出産できない女性から見れば、とても羨ましいことなのです。あなたの今の辛さは大変理解できます。離婚を考えるぐらい辛いことでしょう。しかし、そのあなたの苦しみを逆に羨ましいと思われる人もいることを理解すれば、少しは気持ちが楽になるかもしれませんよね。

また、いつまでも今の生活が続くわけではありません。今の育児を通じて自分の愛おしいわが子との貴重な、大変貴重な時間だと思って毎日を過ごすことで、ポジティブな考え方に変わるかもしれません。

この記事を読んで、あなたの気持ちが少しでも楽になり、産後のうつで離婚したいという気持ちが軽減されれば、幸いです。

最後まで、読んでいただき大変ありがとうございます。


スポンサーリンク