チューリップ

妊娠初期にはおりものの色がクリーム色などのさまざまな色に変化します。妊娠初期のおりものが妊娠前とは異なり、クリーム色などの異なる色を発見すると心配になると思います。そこで、妊娠初期のおりものがクリーム色の場合について解説したいと思います。妊娠初期のおりものがクリーム色で悩まれている方は、是非参考にしてみてください。


スポンサーリンク



妊娠初期のおりもの

妊娠初期のおりものは、妊娠前と比べて、クリーム色や白色など、さまざまな色に変化します。

例えば、妊娠初期に入ると、プロゲステロンなどのホルモンの分泌が増加し、分泌物であるおりものは、このプロゲステロンホルモンの分泌により、妊娠前のおりものとは色が異なり、量も増えます。

分泌物であるおりものは、個人差が大きいもので、全ての妊娠している方が、同じ色、同じにおい、同じ形状、同じ量をしているわけではありません。また、妊娠週数によってもおりものは異なりますし、体調によってもおりものは異なります。

妊娠初期のおりものの色の違い

妊娠初期のおりものの色の違いには、個人差もありますが、病気が原因の場合もあります。

病気の場合には、おりものの色やにおい、痒みを伴うかどうかなどを総合的に見て判断する必要があります。

妊娠初期のおりものの色がクリーム色は大丈夫?

妊娠初期のおりものは、着床後に、クリーム色や、黄色っぽい色や、白くにごったような色になります。また、着床出血によりおりものの中に血が混じってうっすらと茶色のような色が混じることもあります。

妊娠初期のおりものが、クリーム色や、黄色っぽい色や、白くにごったような色の場合には正常のおりものであると言えますので、心配する必要はありません。


スポンサーリンク



妊娠初期のおりもので心配のない色は?

妊娠初期のおりもので心配の要らない色は、あくまで参考レベルですが、透明な色から白色、クリーム色、黄色、茶色、茶褐色です。

また、ピンク色や茶色、茶褐色のおりものは、心配する必要はありませんが、長く続いて出てくる場合には、病気などの可能性がありますので注意が必要です。

また、白い色のおりものが粘り強いような状態のものであれば、感染症などの疑いがありますので、早めに病院に相談するようにしましょう。粘り強いといっても個人差がどうしてもありますので、いつもよりも粘りが強いかもと感じられたら、まずは医師に相談しましょう。

妊娠初期のおりものはよく観察することが大事

妊娠初期に入ると、ホルモンバランスの変化などで、おりものは、色や、形状、におい、量が変化していきます。

おりものは、分泌物であり、ママの体の状態を示すサインでもあります。日ごろからご自分のおりものの変化をよく観察するようにすることが大事です。

もし、いつもと違うなと感じられる場合には、ご自分の判断で決めるのではなく、早めに医師に相談すようにしましょう。

また、おりものの観察をより正確にするためには、デリケートゾーンを常に清潔に保つようにしましょう。

例えば、おりものシートは、数時間程度で新しいおりものシートに取り替えるようにしましょう。

長時間同じシートを使い続けると、おりものシートに細菌が付着し、膣炎などの病気になるリスクが高くなりますし、おりもののにおいも変化してしまうので、おりものの状態を正確に判断することが困難になってきます。

おりものシートや下着はこまめに取り替えることをおススメします。

最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。


スポンサーリンク