赤ちゃん

妊娠初期におりものが白い塊で出てくると流産などを心配してしまいますよね。妊娠初期に白い塊でおりものが出るママは、10人に数人くらいおられるようです。そこで、妊娠初期におりものが白い塊で出る原因について詳しく説明いたします。妊娠初期に白い塊のようなおりものが出て心配になられているママは、是非、参考にしてみてください。


スポンサーリンク



妊娠初期のおりものの量

妊娠初期のおりものは、妊娠前のおりものとは異なるものが出やすい時期です。これは、妊娠初期に入ると、ママの体が赤ちゃんを育てていく環境作りを始めるからです。ママの体は、妊娠すると、赤ちゃんを育てていく環境作りのためにホルモンバランスが変化し、プロゲステロンというホルモンの分泌量が増加し、それに伴っておりものの量が増加します。

プロゲステロンホルモンは、子宮の収縮を抑えて、胎児が大きくなるのを助けるためのとても大事なホルモンです。

プロゲステロンホルモンが多く分泌されることにより、おりものの量も増加しますが、胃腸の働きを抑える作用も働くため、便秘や下痢、腹痛などの症状もこの時期に出てきます。ホント、ママの体は、赤ちゃんを育てていくことを最優先してフル稼働しています。

妊娠前のおりものの量と比べると、量が増えた経験をされているママが多いようですが、妊娠前のおりものの量と比べてあまり変わらないママもおられます。


スポンサーリンク



妊娠初期の白い塊のおりもの

上述のように、妊娠初期は、おりものの量が増加しやすい時期です。そして、そのおりものは、白い塊状のようなまとまった状態で出てくることもあります。

塊状のおりものの色は、個人差や体調などにより、必ずしも白いものとは限りません。透明でゼリー状のような塊で出てくることもありますし、乳液のような色をした塊で出てくることもあります。また、白色にうっすらと黄色が混ざったようなクリーム色の塊で出てくることもあります。

ですから、妊娠初期に、無色透明や乳液のような白色、クリーム色のような塊のおりものが出たからといって、必ずしも流産や病気の心配をする必要はありません。

白い塊のおりもののにおい

妊娠初期に出た白い塊のおりものは、酸っぱいようなにおいか、ほとんど無臭に近いにおいをしています。

白い塊のおりもので病気の疑いがある特徴

白い塊のおりものは、妊娠初期には出てくることがありますが、以下のような特徴を有する場合には注意する必要があります。

粉チーズのような状態

無色透明や乳液のような白色、クリーム色のような塊のおりものが、粉チーズのような粉状である場合は、膣炎など感染症の疑いがあります。

悪臭のにおいがある

塊状のおりものが、酸っぱいようなにおいではなく、魚が腐ったような悪臭がある場合にも、膣炎などの感染症の疑いがあります。魚が腐ったような悪臭は、普段の正常なおりもののにおいとは明らかに異なります。普段よりもにおいがきついなと感じられたら、膣炎などの感染症の可能性がありますので注意が必要です。


スポンサーリンク



デリケートゾーンがかゆい

膣炎などの感染症にかかると、デリケートゾーンがかゆくなります。おりものシートの肌触り感からくるかゆみとは異なり、炎症したときのかゆさに似たかゆみが生じます。

膣炎などの感染症

膣炎などの感染症の例としては、細菌性膣炎、カンジタ膣炎、トリコモナス膣炎、淋菌感染症、クラミジア感染症などが挙げられます。

細菌性膣炎・カンジタ膣炎

細菌性膣炎やカンジタ膣炎は、膣内の自浄作用が低下するが原因で引き起こされる症状です。

正常である場合、膣内の自浄作用によって、外部からの細菌が膣内に侵入するのを防止して赤ちゃんを細菌から守っていますが、ストレスが溜まって疲れたときなどに免疫力が下がると、この自浄作用が弱まってしまい、外部からの細菌が膣内に侵入するのを防ぐことができなくなり、細菌性膣炎やカンジタ膣炎にかかってしまいます。

細菌性膣炎やカンジタ膣炎にかからないためには、なるべくストレスを溜めないようにし、免疫力を高く保つことが大切になってきます。

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎は、主に性交渉によって感染するものですが、妊娠中の性交渉をしていない場合には、不特定多数の人が使用する不衛生な場所を利用した際に感染した可能性があります。

公衆トイレや温泉施設などは、不特定多数の人々が使用し、必ずしも衛生上清潔であるとは限りませんよね。不衛生な公衆トイレなどを使用した場合には、トリコモナス膣炎に感染する可能性があります。特に妊娠中は、不特定多数の人が使用する公衆トイレなどはなるべく使用を控えるようにしましょう。

淋菌感染症・クラミジア感染症

淋菌感染症やクラミジア感染症は、主に性交渉によって感染するものです。妊娠中に性交渉をした場合には、淋菌感染症やクラミジア感染症になる可能性はゼロではありません。
淋菌感染症やクラミジア感染症にかかると、デリケートゾーンが痒くなります。また腹痛や発熱などの症状も同時に引き起こされる場合もあります。


スポンサーリンク



膣炎などで流産や早産になる可能性もある

細菌性膣炎、カンジタ膣炎、トリコモナス膣炎、淋菌感染症、クラミジア感染症になり、そのまま放置していると、胎児に影響し、早産や流産の可能性が高まります。ですから、白い塊のおりものが、悪臭があったり、粉状であった場合などには、早めに病院に行って検査を受けるようにしましょう。

感染症にならないようにするためには

上述のような感染症にならないようにするためには、

・妊娠中は性交渉を控える
・不特定多数の人が利用する不衛生な場所を使用しないようにする
・ストレスを溜めずに免疫力を高く保つ
・デリケートゾーンを清潔に保つ

などの注意が必要となります。

感染症にかかると、ママだけではなく、ママのお腹にいる赤ちゃんにも影響する可能性があります。赤ちゃんはママに守ってもらうしかありません。赤ちゃんを守ることができるかどうかは、ママの日ごろの気配りにかかっています。

妊娠から出産まではホント精神的にも肉体的にもメチャクチャ大変ですが、妊娠中は、自分の体のため、ママのお腹にいる赤ちゃんのために、感染症にかからないように過ごしましょう。

最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。


スポンサーリンク