女医

妊娠初期のおりものは水っぽい状態で出てくる場合があります。妊娠初期の水っぽいおりものには、心配する必要がないものと病院に行って検査してもらわなければならないものがあります。そこで、妊娠初期の水っぽいおりものについて詳しく解説したいと思います。妊娠初期に水っぽいおりものが出て心配されている方は、是非参考にしてみてください。


スポンサーリンク



妊娠初期のおりもの

妊娠初期のおりものは、ホルモンバランスの変化や体調によって、状態や量が異なって出てきます。

水っぽいおりものが妊娠初期に出た場合、色が無色や乳白色などであれば心配する必要はありません。また、水っぽいおりものの量は、個人差もありますが、多くても心配する必要はありません。

水っぽいおりものでも病院で検査する必要がある特徴

水っぽいおりものが無色透明や乳白色などの白色以外である場合には、病気の可能性がありますので、病院に行って検査する必要があります。

水っぽいおりものの色が黄色や黄緑色をしている

黄色や黄緑色をしている場合には、トリコモナス膣炎、細菌性膣炎、カンジタ膣炎、淋菌感染症、クラミジア感染症などの疑いがあります。おりものの色が黄色や黄緑色をしているので正常なときの無色透明色や白色とははっきりと区別することができますので、これらの病気にかかっているかどうかを容易に判断することができます。

においが強烈な悪臭をしている

黄色や黄緑色をしている場合には、普段のにおいよりも、強烈な悪臭をしています。正常なおりもののにおいも、多少のにおいはありますが、黄色や黄緑色のおりものの場合にはそれよりも強烈な悪臭をしています。

デリケートゾーンにかゆみがある

デリケートゾーンがかゆみを伴う場合があります。水っぽいおりものが黄色や黄緑色をしていて、デリケートゾーンにかゆみがある場合には、トリコモナス膣炎、細菌性膣炎、カンジタ膣炎、淋菌感染症、クラミジア感染症などにかかっている可能性が高いと思われます。

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎は、性交渉や、不特定多数の人が利用する場所、例えば、公衆トイレや温泉施設などを使用した際に感染する場合があります。

細菌性膣炎・カンジタ膣炎

細菌性膣炎やカンジタ膣炎は、免疫力が低下しているときに膣内の自浄作用が弱まって引き起こされます。日ごろからなるべくストレスを溜めないようにして免疫力を高めておく必要があります。


スポンサーリンク



淋菌感染症・クラミジア感染症

淋菌感染症やクラミジア感染症は、性交渉が主な原因で引き起こされる感染症で、デリケートゾーンにかゆみの症状があり、下腹部に痛みを伴う場合や発熱などの症状を伴う場合もあります。

病気の疑いがある場合には早めに検査を

水っぽいおりもの特徴が、黄色や黄緑色をしており、悪臭があり、デリケートゾーンにかゆみが伴う場合には、トリコモナス膣炎、細菌性膣炎、カンジタ膣炎、淋菌感染症、クラミジア感染症などにかかっている可能性が高いため、早めに病院に行って検査を受けましょう。

そのようなおりものが出たままの状態で放っておくと、流産や早産になる可能性もありますので、上述の特徴があれば、早めに検査を受けてください。

少しでもおかしいと思ったら

妊娠初期などの妊娠中に、普段のおりものとは違うな、おかしいなと感じられる場合には、早めに医師に相談するようにしましょう。

例えば、水っぽいおりものが、黄色や黄緑色ではなく、無色透明や白色であっても、デリケートゾーンにかゆみが伴う場合や、悪臭をしている場合などには、病院で検査を早めに受けることをおススメします。症状が軽いうちに治療すれば、早く完治させることができますし、流産や早産のリスクを小さくすることができます。

早期発見するためには、日ごろから、おりものの量や色、においなどを注意して観察することが大事です。

日ごろ心がけることは

公衆トイレなどはなるべく避ける

公衆トイレなどは、不衛生な環境にある可能性が高いため、公衆トイレなどを利用した際に膣炎症などに感染する可能性があります。妊娠中は、不特定多数の人が利用する公衆トイレや温泉施設の利用をなるべく避けるようにしましょう。

デリケートゾーンを清潔に保つ

長時間取り替えないでおりものシートを使用した場合には、おりものシート上に雑菌が増殖し、膣炎症などに感染する可能性が高まります。妊娠中は、おりものシートをこまめに取り替えるなどしてデリケートゾーンを清潔に保つようにしましょう。

ストレスをなるべく溜めない

妊娠中には、いろいろな心配事や悩みなどが増え、ついストレスが溜まりやすくなると思います。

しかし、ストレスを溜めてしまうと、免疫力が低下してしまって膣内の自浄作用が弱まり、その結果、膣炎症に感染しやすくなります。妊娠中は、なるべくストレスを溜めないように過ごしましょう。散歩や好きな音楽を聴く、お洒落なレストランでおいしいものを食べるなど、自分なりのストレス解消法を身に付けておきましょう。

最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。


スポンサーリンク