妊娠初期に下痢の症状で下痢止めや胃腸薬などの薬を服用できるか気になると思います。妊娠初期には下痢の薬でも服用するのはよくないと思われている方が多いと思います。そこで、妊娠初期中に使用できる下痢の薬があるのかまとめてみました。妊娠初期に下痢で悩まされていて下痢止めや胃腸薬を使用したいと考えられている方は是非、参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



妊娠初期に下痢の薬は使用できるの?

妊娠初期には、下痢や腹痛の症状で悩まされるママが多いですよね。下痢や腹痛がひどい方は、下痢止めや胃腸薬などの薬で症状を和らげたいと思いますよね。

妊娠すると、ホルモンバランスが変化したり、自律神経も乱れたりするために、下痢や、腹痛、吐き気、嘔吐、便秘、頭痛など、様々な症状が引き起こされます。

妊娠中は、そのような症状でひどく悩まされた場合には、やはり薬を服用して症状を軽くしたいものです。

でも、妊娠中に薬を使用すると、お腹の赤ちゃんに悪影響があるのではないかと心配されているママが多いのではないかと思います。

しかしながら、下痢や腹痛の痛みを和らげるために、下痢止めや胃腸薬の薬を服用されているママは多くいらっしゃいます。妊娠中でも下痢止めや胃腸薬の薬を服用することができるんです。

妊娠中に使用できる薬は?

妊娠初期などの妊娠中に使用できる薬は、いくつかあります。その中でも、お腹の赤ちゃんに影響が少ないものを選ぶことをおススメします。

下痢止めや胃腸薬としておススメな薬は、医薬部外品に挙げられている胃腸薬です。

例えば、ビオフェルミンS錠などの医学部外品は問題ありません。

妊娠中に使用しない方が良い薬は?

ビオフェルミンS錠などの医学部外品は問題ありませんが、第2類医薬品や第3類医薬品の薬は、使用を控えるほうがよいです。

なぜなら、第2類医薬品や第3類医薬品の薬は、常用する薬ではなく、数日間使用する応急用の薬だからです。第2類医薬品や第3類医薬品の薬を長い間使用続けるのは赤ちゃんだけでなく、ママの体にもよくありません。


スポンサーリンク



一番おススメな薬は?

ビオフェルミンS錠などの医学部外品は市販薬として薬局などで購入することができるので便利ですよね。でも、ビオフェルミンS錠などの医学部外品でも蹴りや腹痛の症状が改善されない場合もありますよね。

それは、妊娠初期などの妊娠中の下痢や腹痛は、一つの原因で起きるとは限らないからです。、妊娠初期などの妊娠中の下痢や腹痛の症状は、いろいろな原因で引き起こされます。

また、、妊娠初期などの妊娠中の下痢や腹痛の中には、流産などの危険な場合もあります。

そこで、一番おススメな薬は、かかりつけの病院で薬を処方してもらうことです。ご自分の下痢や腹痛の症状を、詳しく説明して、ご自分の下痢や腹痛の症状に合った薬を処方してもらいましょう。

また、ビオフェルミンS錠などの医学部外品を服用した場合でも、一週間程度経過しても下痢や腹痛の症状が改善されない場合にも、かかりつけの病院でご自分の下痢や腹痛の症状に合った薬を処方してもらいましょう。

妊娠中には、下痢や、腹痛、吐き気、嘔吐、便秘、頭痛など、いろいろな症状で悩まされるかと思いますが、是非、お医者さんに処方された薬などをうまく利用して、ママのお腹の赤ちゃんと一緒に乗り越えていきましょう!

最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。


スポンサーリンク