妊婦

妊娠初期の症状として下痢気味を経験されたママは多いようです。妊娠初期には、下痢の症状や下痢気味、腹痛などの症状が出やすい時期であるために、多くのママが下痢気味などの症状で悩まされた経験をするようです。そこで、妊娠初期の下痢や下痢気味の症状について、その原因や対処法についてまとめてみました。


スポンサーリンク



妊娠初期症状の下痢や下痢気味、腹痛の原因は?

プロゲステロンのホルモン分泌

ほとんどのママが妊娠初期の時期に経験される下痢や下痢気味の症状、腹痛の症状は、ホルモンバランスの変化が主な理由になります。

妊娠すると女性の体の中で、ホルモンのバランスの変化が起き、プロゲステロンというホルモンの分泌が多くなります。

プロゲステロンホルモンは、子供の出産するために必要なホルモンで、子宮が収縮するのを抑制し、お腹の赤ちゃんが大きく成長するのを助ける働きをします。

プロゲステロンホルモンは、赤ちゃんの成長を助けるために子宮の収縮を抑制する作用をしますが、胃腸の働きまでも抑制する作用をしてしまいます。このプロゲステロンホルモンの胃腸の働きを抑制する作用により、下痢や下痢気味、腹痛の症状が引き起こされてしまいます。

プロゲステロンホルモンの胃腸の抑制作用

プロゲステロンホルモンによる胃腸の抑制作用は、下痢や下痢気味、腹痛の症状だけでなく、吐き気や嘔吐、頭痛などの症状を引き起こします。妊娠されたママの中には、下痢や下痢気味の症状、腹痛の症状に加えて、頭痛や吐き気、嘔吐などのさまざまな症状を経験されている方もおられます。また、下痢や下痢気味の症状、腹痛の症状よりも、頭痛や吐き気、嘔吐などの症状がひどい方もおられるようです。


スポンサーリンク



つわりや自律神経の乱れ

妊娠初期のつわりや自律神経の乱れによっても下痢や下痢気味、腹痛の症状が出ます。特に、自律神経の乱れは、ストレスとも関係しています。ストレスを溜めすぎると、自律神経が乱れてしまい、腹痛、下痢、下痢気味、頭痛、吐き気、嘔吐、不眠、食欲不振、冷えなど、様々な症状が引き起こされてしまいます。

妊娠すると、「元気な赤ちゃんを無事に出産できるか」「流産していないか」など、不安や悩みが増えますよね。でも、必要以上に悩みすぎてしまうと、ストレスを溜めることになり、自律神経を乱してしまいます。妊娠中は、なるべくストレスを溜めないように過ごしましょう。

冷たいものを食べすぎ

また、冷たいものを摂り過ぎてしまうことにより、下痢の症状などが引き起こされます。妊娠中は、さっぱりとしたものや冷たいものを食べたくなると思いますが、冷たいものを食べ過ぎていると、下痢や下痢気味、腹痛などの症状を引き起こしてしまいます。

妊娠初期症状の下痢や下痢気味、腹痛を改善させるには

妊娠初期症状の下痢や下痢気味、腹痛は、ホント、辛い症状ですよね。これらの症状を少しでも改善する方法は、お腹を冷やさないようにすることと、温かくて消化の良いものを食べることです。

プロゲステロンのホルモンの分泌が原因の場合には、プロゲステロンホルモンの分泌が減少するまで、基本的には下痢気味などの症状が続いてしまいます。個人差がありますが、一般的には、妊娠15週目ごろには、プロゲステロンのホルモン分泌は減少し、下痢や下痢気味、腹痛などの症状は弱まっていきます。

ですから、特に、妊娠15週目ごろまでは、お腹をなるべく冷やさないようにし、食べ物もなるべく温かくて消化の良いものを中心に食べるようにしましょう。

また、下痢や下痢気味の症状が続くと、水分不足になってしまいます。水分不足は、ママの体だけでなく、ママのお腹の赤ちゃんにも影響します。毎日、水分補給をこまめに取るように心がけましょう。

激しい痛みを伴う場合

下痢や下痢気味の症状に加えて、下腹部に激しい痛みを伴う場合、出血が続く場合などは、他の原因の可能性がありますので、早めに医師に相談するようにしましょう。

妊娠初期には、下痢などの症状で辛い時期が続くとは思いますが、それは、お腹の赤ちゃんが大きく成長している証です。赤ちゃんと一緒に二人三脚で乗り切りましょう!

最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。


スポンサーリンク