女性

妊娠初期には下痢に加えて腹痛や腰痛の症状が出ます。妊娠初期に下痢だけでなく腹痛や腰痛の症状が出ると不安になりますよね。そこで、妊娠初期における下痢と腹痛や腰痛の原因について解説します。妊活初期の下痢の症状や腹痛腰痛の症状で悩まれている方は是非、参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



妊娠初期の下痢の原因

妊娠初期には、ママの体が赤ちゃんを育てるための環境作りが始まります。まず、プゲステロンというホルモンの分泌が多くなります。このプロゲステロンのホルモンは、赤ちゃんを大きく育てるために子宮の収縮を抑える働きをします。

このプロゲステロンのホルモンは、子宮の収縮を抑える働きに加えて、胃腸の働きまで抑える働きをしてしまいます。つまり、プロゲステロンの分泌により、子宮の収縮を抑えて赤ちゃんを大きく育てるための環境作りが行われますが、同時に、胃腸の働きまで抑えるために、下痢の症状が引き起こされてしまうのです。

プロゲステロンは妊娠したママにとって大切なホルモンなのですが、胃腸の働きまで抑制してしまうんですね。これが、妊娠したママを苦しめる下痢の原因なんです。

妊娠初期の腹痛や腰痛の原因

妊娠初期には、赤ちゃんを育てるための環境作りのためにホルモンバランスの変化が起きます。その一つとしてリラキシンホルモンが挙げられます。リラキシンホルモンは、骨盤の関節を緩める働きをします。

このリラキシンホルモンによって骨盤の関節やその周囲の筋肉が緩められると、腹痛や腰痛の症状が出てきます。


スポンサーリンク



妊娠初期の下痢や腹痛、腰痛で注意する点

妊娠初期の下痢の症状や腹痛、腰痛の症状は、上述のように、よく引き起こされる症状です。ママのお腹の中で赤ちゃんが大きく育っている証ですよね!ですから、妊娠初期に、下痢の症状や、腹痛、腰痛の症状が出ても問題ありません。

しかしながら、下痢の症状や腹痛、腰痛の症状に加えて、何日も出血が続く場合や、鮮血が出る場合、腹痛がいつもよりも激しく痛む場合などの症状が出た場合には、何か問題がある可能性があいますので、早めにかかりつけの医師に相談するようにしてください。

妊娠初期には食事にも注意

妊娠初期は、ホルモンバランスの変化など、赤ちゃんを育てる環境作りのために、ママの体の中でいろいろな変化が出てきます。

食事も冷たいものばかりを食べていると、下痢や腹痛の症状を引き起こしやすくなりますので、下痢になりにくい温かい食べ物を食べるなどの工夫が必要です。

妊娠中は余計なストレスをなるべく溜めない

妊娠中は、出産までのいろいろな悩みや、心配することがたくさん出てくると思います。でも、必要以上に悩んだり心配すると、ストレスを溜めてしまいます。ストレスは大敵です。

ストレスを溜めてしまうと、自律神経を乱すことになり、下痢や腹痛、吐き気、腰痛、耳鳴りなど、さまざまな症状が引き起こされてしまいます。

難しいとは思いますが、自分のリフレッシュ方法を一度考えてみてはどうでしょうか?例えば、おいしいものを食べに行くとか、将来の赤ちゃんのために編み物をするとか、大好物な食べ物を贅沢に食べるとか、いろいろ自分なりのストレス発散法があると思いますので、なるべくストレスを溜めない生活を送るようにしましょう。

妊娠すると、まず妊娠初期にいろいろな体の変化で悩まされますよね。これは、実際に妊娠した人でないとわからないつらさですよね。ホント、妊娠すると体力的にも精神的にも疲れてしまいます。

でも、ママのお腹の赤ちゃんも大きく育つように頑張っています。ママだけではありません。ママのお腹の赤ちゃんと一緒に、妊娠の辛さを乗り越えていきましょう!

最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。


スポンサーリンク