妊娠初期に下痢が続くと不安になると思います。特に、初めて妊娠された方は、妊娠初期に下痢が続くと、流産などの不安になってしまいますよね。妊娠すると、女性の体は、赤ちゃんを出産するためにいろいろな変化が出てきます。妊娠初期に下痢が続く症状は、そのママの体の変化の表れの一つです。妊娠初期の下痢が続く症状について紹介します。妊娠初期の下痢が続く症状について気になる方は、是非、参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



妊娠初期の下痢が続く原因

ホルモンバランスの変化

妊娠初期に下痢が続く主な原因は、女性ホルモンのバランスの変化が挙げられます。女性の体は、妊娠すると、ホルモンのバランスが変化し、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(HCG)やプロテスゲロンなどのホルモンが分泌されます。

そして、これらのホルモンの分泌により、自律神経に影響し、胃腸の働きが抑えられ、下痢などの症状が引き起こされます。

また、プロテスゲロンのホルモンは、子宮の収縮を抑える働きがあると共に、胃腸の働きを抑えてしまいます。

妊娠初期には、こうしたホルモンが分泌されることにより、自律神経に影響して、胃腸の働きが抑制されるために、下痢の症状がしばらくの間、続いてしまいます。

食事の影響

妊娠中は、冷たい食べ物を多くとってしまいがちです。その理由は、妊娠すると、においに敏感になり、臭いが比較的少ない、冷たい食べ物を食べてしまうからです。冷たいものばかりの食事を続けると、上述の胃腸の働きの抑制もあり、下痢を引き起こしてしまいます。

ストレスの影響

妊娠中には、いろいろなストレスが溜まりやすい時期です。ストレスを多く溜め込むことにより、下痢や便秘などの症状が出やすくなります。妊娠中は、ストレスをなるべく溜めないように心がけましょう。無理をせずに、疲れたときはゆっくり静養し、音楽を聴いたりするなどして、過ごしましょう。

妊娠初期に下痢が長く続いたら

妊娠初期に下痢が長く続いたら、お腹を温めることを心がけましょう。また、食生活も冷たいものばかりではなく、胃に優しくて、暖かい食べ物をとりましょう。

さらに、ヨーグルトなどで乳酸菌を摂取することにより、腸内環境を改善させることができ、下痢の症状を和らげる効果があります。


スポンサーリンク



妊娠初期の下痢はいつまで続くの?

妊娠初期の下痢は、主に、女性ホルモンのバランスの変化が理由となります。このホルモンの分泌は、個人差がありますが、妊娠12週目ごろにはほとんどおさまり、妊娠15週目前後の頃には、ほとんどの女性が落ち着いてきます。

妊娠初期の下痢が腹痛を伴う場合

妊娠初期の下痢の症状が激しい腹痛を伴う場合には、感染性胃腸炎などの疑いがありますので、かかりつけの医師に相談しましょう。

妊娠初期の下痢で気をつけること

妊娠初期の下痢で気をつけることは、水分の補給をこまめにとることです。下痢の症状が長く続くと、脱水症状のように水分不足な状態になります。水分不足な状態になると、ママだけでなく、赤ちゃんに悪影響を与えてしまいます。日ごろから、しっかりと水分補給することを心がけましょう。

気になる点があれば医師に相談

妊娠初期の下痢の症状は、プロテスゲロンなどのホルモンの分泌が弱くなると落ち着いてきますが、「今日はいつもと違う下痢の症状だな」「激しい痛みが急に出た」など、いつもの下痢の症状とは異なるような場合には、早めに医師に相談するようにしましょう。決して、自己判断で行動することはやめましょう。

まとめ

妊娠すると、ママの体は赤ちゃんを出産するためにいろいろな変化が出てきます。そして、その変化によって、下痢や腰痛、腹痛、頭痛など、さまざまな症状が出ます。妊娠したら、ご自分の体の変化に気を配って、ストレスのない安静した生活を送るよう心がけてくださいね。

また、あまり無理をせず、旦那様にも協力してもらいましょう。

最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。


スポンサーリンク