ハート

妊娠初期でオリモノ(おりもの)が臭いと思われるママが多いですよね。妊娠初期のオリモノ(おりもの)は妊娠前に比べて臭いなどが変化するのが一般的です。そこで、妊娠初期のオリモノ(おりもの)の臭いや色、量などについてまとめてみました。妊娠初期でオリモノ(おりもの)の臭いや色などにいつもと違うなと思うママは、ぜひ参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



妊娠初期のオリモノ(おりもの)の臭いの特徴

妊娠初期のオリモノ(おりもの)の特徴は、妊娠前のオリモノ(おりもの)に比べて、酸っぱい臭いがします。これは、ママの体が妊娠に向けて細菌から守るための防御作用です。この妊娠初期のオリモノ(おりもの)の酸っぱい臭いに対して敏感なママは、妊娠前のオリモノ(おりもの)に比べて臭いと感じられるようです。

一般的には、妊娠初期のオリモノ(おりもの)は、臭いが薄くなる傾向があります。これは、女性ホルモンの変化が主な原因のようです。また、妊娠初期のオリモノ(おりもの)の臭いが無臭になるママもおられるようです。

従って、妊娠初期のオリモノ(おりもの)は、妊娠前のオリモノ(おりもの)に比べて酸っぱさが増しますが、基本的には、臭いが薄くなる傾向のものです。もちろん、個人差もありますので、妊娠前のオリモノ(おりもの)よりも妊娠初期のオリモノ(おりもの)の方が臭いがきつくなるママもいますので、オリモノ(おりもの)の臭いの有無だけで妊娠を判断しない方がよいかもしれません。

妊娠初期のオリモノ(おりもの)の色

妊娠初期のオリモノ(おりもの)の色は、妊娠前のオリモノ(おりもの)に比べると濃い色になる傾向があります。濃い色も様々あり、ピンクの色や、黄ばんだ色、茶色の色など、個人差があります。特に、茶色の色をしたオリモノ(おりもの)が出た場合は、着床出血した状態の可能性が高く、妊娠している可能性が高いと考えられます。

妊娠初期のオリモノ(おりもの)の量

妊娠初期のオリモノ(おりもの)の量は、妊娠前に比べると、増加する傾向にあります。普段よりもオリモノ(おりもの)の量が多いと感じられた場合には、妊娠している可能性があります。


スポンサーリンク



妊娠初期のオリモノ(おりもの)で注意する点とは?

オリモノ(おりもの)が、黄色くて腐ったような悪臭がある場合には、正常なオリモノ(おりもの)ではなく、細菌性などの膣炎の疑いがありますので、早めに病院に行って医師に相談されることをお勧めいたします。

また、オリモノ(おりもの)が、茶褐色であり、かつ、腐ったような悪臭がある場合も注意が必要です。このようなオリモノ(おりもの)が出た場合には、子宮にトラブルがあり、子宮頸がんなどの可能性がありますので、早めに医師に相談しましょう。

オリモノ(おりもの)の悩みは他人に相談しにくい

自分のオリモノ(おりもの)がいつもと少し変わったな、おかしいなと感じられても、オリモノ(おりもの)の悩みは他人に相談しにくいですよね。他人のオリモノ(おりもの)と比較できれば、オリモノ(おりもの)の悩みを少しは解消することができるかもしれませんが、なかなか自分のオリモノ(おりもの)の悩みを他人に相談するのには勇気が必要です。ほとんどの女性が、オリモノ(おりもの)に悩みがあっても、他人に相談することができず、
その結果、「このオリモノ(おりもの)の臭いは正常なのかな」とか「オリモノ(おりもの)の色がいつもと違うのだけれど大丈夫なの」など、一人で悩む方が多いようです。

しかしながら、オリモノ(おりもの)の臭いや色、量などの変化に気づいた場合には、医師に早めに相談することが何より大切になってきます。特に、妊娠初期のオリモノ(おりもの)の変化は、将来の赤ちゃんにも影響する可能性があるため注意が必要となります。

オリモノ(おりもの)の臭いや色、量などの変化は、ご自分の体の状態の変化を示すサインですので、少しでもいつもと様子が違うと思われたら、ご自分一人で悩まれずに、またご自分の自己判断で決めつけず、必ず専門家に相談するようにしましょう。

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。


スポンサーリンク