虹

妊娠超初期症状がいつから始まるか、妊活をされている女性は気になりますよね。妊娠超初期症状がいつから始まるか症状で確認できれば、自分の症状から妊娠しているかどうかを判断することができますよね。そこで、妊娠超初期症状がいつから始まるか症状で調べてみました。


スポンサーリンク



妊娠超初期症状はいつから始まるか

妊娠超初期症状とは、妊娠0週から3週目までの妊娠超初期の時期に現れる妊娠の症状を言います。受精卵が子宮に着床するのが3週目ごろで、ほとんどの女性は、この着床による着床出血やホルモンバランスの変化によって妊娠超初期症状を感じるようです。

妊娠の可能性を判断するのに使用される妊娠検査薬が生理予定日より一週間後ですが、妊娠超初期症状は、この妊娠検査薬で判断できる生理予定日より一週間後よりも前の時期に出る症状です。つまり、妊娠検査薬では妊娠の可能性を正確に判断することができない時期を妊娠超初期といいます。

ちなみに、妊娠初期症状は、妊娠超初期症状の後の症状のことを意味し、妊娠4週目ごろから妊娠14週目ごろの症状を指します。

妊娠超初期症状の「着床出血」

妊娠超初期症状の「着床出血」は、妊娠週数でいう3週目ごろ、すなわち、生理予定日の一週間前ごろに現れる症状です。「着床出血」は、受精卵が子宮に着床するときに生じる出血のことです。着床出血は、少量で、おりものに似たような茶色やピンク色をしておりますが、個人差があり、着床出血の症状がほとんどない女性もおられます。

妊娠超初期症状の胸の張りや痛み

妊娠超初期症状として、胸の張りや痛みの症状が挙げられます。通常の生理前にも胸の張りや痛みを感じられる女性は多いと思いますが、この生理前のときの胸の張りや痛みよりも胸の張りや痛みが大きいのが特徴です。生理予定日を数日過ぎても胸の張りや痛みの症状があれば妊娠している可能性があります。

妊娠超初期症状の腹痛、下痢、便秘

妊娠超初期症状として、腹痛、特に、下腹部がちくちく痛む症状が挙げられます。この妊娠超初期症状としての腹痛は、子宮が出産の準備のために大きく成長することによって生じる症状です。

下腹部がちくちく痛む症状があれば、妊娠している可能性があります。また、この下腹部の痛みに伴い、便秘や下痢の症状も出る女性がおられます。人によって個人差があるものの、腹痛に加えて、下痢や便秘の症状が出る女性が多いようです。


スポンサーリンク



妊娠超初期症状の腰痛

妊娠超初期症状として、腰痛の症状が挙げられます。腰痛の痛みの程度は、個人差があり、起立するのもできないくらい痛む方もいれば、軽度の筋肉痛のような痛みしか感じさない方もおられます。

妊娠超初期症状としての腰痛は、骨盤を大きく開くためにリラキシンホルモンが分泌され、リラキシンホルモンにより腰周りの関節を緩める作用が働き、その結果、骨盤を開き、腰痛の痛みとして出る症状です。日ごろ、腰痛がないのに急に腰が痛くなった気がするときは、妊娠している可能性があります。

妊娠超初期症状のおりものの変化

妊娠超初期症状として、おりものの変化が挙げられます。普段のおりものと比べて、量が増えたり減ったりする場合や、色が違ったり、においが変わったり、個人差があります。普段のおりものと比べて少し違うおりものだなと感じられた場合には、妊娠している可能性があります。

妊娠超初期症状の眠気や体のだるさ

妊娠超初期症状として、眠気があり、体がだるくてたまらなく症状が挙げられます。普段の生理前にも、眠気や体がだるいといった症状があると思いますが、妊娠超初期症状の眠気や体のだるさは、普段の生理前よりもひどくなる傾向があります。このような場合には、妊娠している可能性があり、無理をせず、仮眠をとるなど体をゆっくり休めましょう。

大好きな食べ物が欲しくなくなる

妊娠超初期症状として、いつもは大好きな食べ物なのに、その大好きな食べ物が急に欲しくなくなる症状が挙げられます。自分でも不思議なくらい大好物が欲しくならなくなってしまいます。これは、妊娠のときに分泌されるホルモンのバランスが変化するためです。

臭いに敏感になる

妊娠超初期症状として、においに敏感になる症状が挙げられます。いままでは、特に大丈夫だった臭いが突然駄目になるような症状が出ます。この症状も妊娠のためのホルモンバランスの影響が原因となっています。

頻尿になった

妊娠超初期症状として、頻尿の症状が挙げられます。妊娠すると、子宮が大きく成長して膀胱を圧迫します。この至急の成長による膀胱への圧迫が原因で頻尿の症状が出ます。妊娠超初期症状としての頻尿は、至急による膀胱への圧迫が原因しているため、トイレに行っても尿が出ないことがほとんどです。

頭痛

妊娠超初期症状としての頭痛は、プロゲステロンというホルモンの分泌が影響しています。プロゲステロンは、血管を拡張させることにより、その血管の回りの神経を圧迫させてしまい、その結果として、頭痛の症状が出ます。個人差がありますが、ズキズキとしたひどい頭痛に悩まされる女性も多いようです。ひどい頭痛がある場合には、ゆっくり休みましょう。

基礎体温の変化

妊娠超初期症状として、基礎体温の変化が挙げられます。基礎体温の変化は、上述のプロゲステロンというホルモンの分泌が影響しています。基礎体温が高くなったり、逆に、引くうなった場合には、妊娠している可能性があります。

肌荒れ

妊娠超初期症状として、肌荒れの症状が挙げられます。妊娠超初期症状としての肌荒れは、食生活も影響しているかもしれませんが、主に、ホルモンバランスの乱れが原因しているようです。食生活をきちんとしていているのに、普段よりも、ニキビや吹き出物が出て肌荒れがひどいなと感じられたら、妊娠している可能性があります。

精神的不安定

妊娠していると精神的に不安定な症状が出ます。イライラしたり、何事にも集中することができなくなったり、落ち込みやすくなるなど、個人差があります。

吐き気(つわり)

吐き気(つわり)の症状は、一般的には、妊娠「超」初期ではなく、妊娠超初期の後の妊娠初期に出る症状ですが、妊娠超初期症状として出る人も多いようです。吐き気(つわり)の症状も、妊娠によるホルモンバランスの乱れが影響しています。

足の付け根や股関節の痛み

妊娠超初期症状として、足の付け根の痛みの症状が挙げられます。妊娠超初期症状としての足の付け根や股関節の痛みの症状は、上述のリラキシンホルモンが分泌されて、骨盤が緩むことにより生じる症状です。

のどが乾く

妊娠すると体温が高くなるために、のどが渇きやすくなります。基礎体温表を作られている方は、基礎体温表でご自分の体温の変化をチェックして、体温が高くなった時期にのどが渇きやすくなったと感じられたら、妊娠している可能性があります。また、のどが渇いたら、必ず水分補給をとるように心がけましょう。

まとめ

妊娠超初期症状は、なかなか気づくことができない症状です。一般的には、妊娠超初期ではなく妊娠初期に入って「つわり」があることで妊娠に気づかれる女性が多いようです。妊娠超初期の症状がはっきりとわからなくても、不安にならず過ごしましょう。不安や悩みが原因でストレスを溜めることが妊娠によって一番良くないことです。リラックスして妊活を送るように心がけましょう。

最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。


スポンサーリンク