妊娠検査薬妊娠検査薬はいつから反応でるのか気になりますよね。妊娠検査薬がいつから反応でるのかを知っておくことは妊娠の可能性を確実に知るために必要なことですよね。そこで、検査薬がいつから反応でるのか詳しく説明したいと思います。反応がいつからでるのか悩まれている方は是非参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



いつから反応でるかはhCGの数値による

検査薬は、妊娠することによって分泌されるホルモン「hCG」(human chorionic gonadotropin)の変化に反応するようになっており、いつから反応でるかはhCGの数値によります。

hCGホルモンは、受精卵が着床すると分泌量が急に増加します。このhCGホルモンの量の変化は、尿を測定することにより知ることができます。尿に含まれるhCGホルモンの分泌量が一定以上(50mIU/mL)になると、妊娠していると判断して陽性反応として表示します。つまり、「いつから反応でる」かは、hCGホルモンの分泌量が一定以上(50mIU/mL)に達したときです。

いつから使用すればよいか

上述のように、「いつから反応でる」かは、hCGホルモンの分泌量が50mIU/mLに達したときです。受精卵が着床することによりhCGホルモンの分泌量が増加しますが、この分泌量の増加は人によって個人差があります。そのため、ほとんどの女性が確実に判断可能な時期は、生理開始予定日から一週間が経過したころになります。

いつから用いればよいか迷われている方は、正しく反応でるタイミングの生理開始予定日から一週間が経過したころに使用してみてください。

生理開始予定日から一週間が経過すれば検査薬は正しく反応でるようになっています。生理開始予定日から一週間が経過してから使用しましょう。

フライングはいつから

妊娠しているかどうかを早く知りたい人の中には、検査薬が正しく反応でるタイミングの「生理開始予定日の一週間」を待てずフライングされる方がおられます。妊娠しているかどうか早く知りたくて落ち着かない気持ちはよく理解できます。いつからフライングになるかは、検査薬が正しく反応でる前の時です。この正しく反応でる前の利用は必ずフライング反応になります。

フライングは控える方がよい

正しく反応でるタイミングを待てず、検査薬をフライングすると、正しく反応でる時期ではないために、正確な反応結果がでません。そのため、結果的には、陽性反応でる場合でも妊娠していないかもしれないと悩んでしまい、また逆に、陰性反応でる場合でも妊娠しているのではないかと悩んでしまいます。

検査薬を利用する目的は、妊娠しているかどうかの正確な反応を知ることですよね。でしたら、正しく反応でるタイミングを守って利用することが良いのではないかと思います。中途半端な反応結果では、気持ちがスッキリしないですからね。正しく反応でるタイミングで利用するようにしましょう。


スポンサーリンク



妊娠検査薬のフライングと早期妊娠検査薬の利用

検査薬が正確に反応でるタイミングを待てないで、妊娠検査薬をフライングされる方もおられますが、早期検査薬を利用する方もおられます。

妊娠検査薬と早期妊娠検査薬の違い

妊娠検査薬は、尿に含まれるhCGホルモンが50mIU/mLを超えると陽性反応でるようになっているため、正確に反応でる生理開始予定日から一週間経過後の利用により確実な反応結果を知ることができますが、生理開始予定日から一週間後よりも前の段階で、正確に反応でるのが早期妊娠検査薬です。

早期妊娠検査薬はいつから反応でるのか

早期妊娠検査薬も同様に、尿に含まれるhCGホルモンの濃度の測定によって反応でるようになっており、「いつから反応でる」かはhCGの数値によります。

妊娠検査薬は、尿に含まれるhCGホルモンが50mIU/mLを超えると陽性反応するのに対して、早期検査薬は、尿に含まれるhCGホルモンが25mIU/mLを超えると反応でるようになっています。つまり、「いつから反応でる」かは、hCGホルモンの分泌量が25mIU/mLに達したときです。

早期検査薬の反応は、半分程度の少ない分泌量で反応でるようになっているため、妊娠検査薬よりも早い段階で反応でるようになっています。

早期検査薬の種類にもよりますが、「生理開始予定日」の当日から反応でるものもあります。妊娠している可能性をなるべく早く知りたい場合には、妊娠検査薬のフライングよりも、生理開始予定日の当日から正確に反応でる早期妊娠検査薬の利用の方が良いかもしれませんが、早期検査薬の利用には注意しなければならない点があります。

早期妊娠検査薬で注意する点とは

注意する点は、ずばり、「化学流産」を知る可能性があるということです。化学流産とは、着床状態が長く続かないで妊娠を継続できない状態を言います。

この検査薬は、妊娠超初期の段階で反応でるために、着床した段階で陽性反応でるようになっております。

つまり、この検査薬は、着床状態が続かず、化学流産する可能性があっても着床しただけの段階で陽性反応(=妊娠している)と判断してしまいます。

従って、陽性反応でる一方、化学流産する可能性もあるので注意が必要となります。もし、陽性反応でる結果になっても、妊娠できなかった場合には、化学流産をしていた可能性があり、その事実を受け入れなければなりません。

早期妊娠検査薬を用いなければ、知らずにすんだ「化学流産」の事実を受け入れなければなりません。陽性反応でる結果で喜んでいた気持ちから、化学流産していた事実を知ることになり、ショックはやはり大きいですよね。

個人的な意見ですが、私は、早期妊娠検査薬をおススメしません。私は、早期検査薬の陽性反応でる結果は、単に、「着床はしていますよ」という判断の材料にしかならないと思うからです。また、化学流産という知らなくてもよかった事実を知ってしまう感情的ショックが大きいからです。早期検査薬がない時代には、化学流産の存在を知らないまま妊活を送られていたようです。技術が進歩した現代よりも昔の時代の方が幸せだったかもしれませんよね。

ですから、早い時期に反応でる早期検査薬をどうしても用いたいのであれば、化学流産を知ってしまうという可能性に留意しましょう。

妊娠検査薬は二本購入するのがおススメ

私の経験から、妊娠検査薬は、二本セットでの購入をおススメします。それは、陰性反応でる結果でも陽性反応の場合があるからです。

妊娠検査薬は、尿に含まれるhCGホルモンが50mIU/mLを超えると陽性反応するようになっていますが、正しく反応でる生理開始予定日から一週間後でも、個人差があるために、使うタイミングが少し早すぎてしまった場合には、陽性反応でるにもかかわらずhCGホルモンが50mIU/mLに到達してなかったことで陰性反応を示してしまいます。

このような場合、検査薬を二本購入しておけば、1回目のタイミングから何日かおいてからもう一度検査することにより、正しい反応を知ることができます。

また、検査薬を1本ずつ別々に購入するよりも、二本セットの方が安く購入できますので、最初から二本セットでの購入をおススメします。

生理不順な場合の妊娠検査薬の用い方

不順な場合には、「正しく反応でる生理開始予定日」がバラバラとなってしまいますよね。不順って本当に疲れますよね。不順な方は、正確に反応でるタイミングでの検査薬の利用がなかなか難しいと思います。そのような方には、ご自分の過去数ヶ月分の生理開始日の平均から生理開始予定日を決めて、その決めた生理開始予定日から一週間後を過ぎたころに利用しましょう。

また、不順なときは、一度だけでの妊娠検査薬の使用では、正確な判断が難しいと思いますので、一週間ほど間隔を置いて、使うのが良いと思います。

妊娠検査薬で陽性反応でる結果の場合産婦人科にはいつから?

検査薬で陽性でる結果でしたら、産婦人科にいつから行けばよいか悩まないで、早めに産婦人科を受診して検査を受けましょう。妊娠初期の段階は、非常にデリケートな時期です。産婦人科にいつから行けばよいか悩んでいる時間はありません。妊娠初期は、お腹で赤ちゃんを育てていくためにママの体の中でホルモンバランスなど様々な変化があり、出血や腰痛、下痢、腹痛などさまざまな症状として出てくる非常にデリケートな時期です。産婦人科にいつから行けばよいか悩まずに検査薬で陽性でる結果でしたら、早めに産婦人科の医師の診察を受けましょう。そして、検査薬をいつごろ購入し、いつから使ったか、陽性でる結果はいつであったかなどを医師にきちんと説明できるようにしておきましょう。

産婦人科で妊娠判定が出たら、ご自分のお腹に命があることをしっかりと認識して、ママの自覚を持ちましょう!お腹の大切な命は、ママの体で守っていくしかありません。赤ちゃんは、ママの体で守ってもらうしかないのです。産婦人科で妊娠判定をもらったら、喜びと共に、授かった命を大事に育てていく認識を持ちましょう。

最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。


スポンサーリンク