ハート

妊娠中におりものが白いかたまりだと流産なのではないかなど心配しますよね。妊娠中のおりものは白いかたまりだけでなく、ママの体の体調や、出産のための体の変化によって、いろいろな状態のおりものが出てきます。そこで、妊娠中に白いかたまりのおりものが出る理由について調べてみましたので、ぜひ、参考にしてみてください。


スポンサーリンク



妊娠中に白いかたまりのおりものが出やすい時期

妊娠中に白いかたまりのおりものが出やすい時期は、個人差があるようですが、妊娠初期に、白いかたまりのおりものが出やすいようです。

妊娠前には、白くて、しかもかたまりのようなおりものが出た経験がない場合には、流産しているのではないかなど、自分ひとりで悩んでしまいますよね。

妊娠初期に白いかたまりのようなおりものが出るのには以下のような理由があります。

妊娠中に白いかたまりのおりものが出る理由

妊娠中、特に、妊娠初期に白いかたまりのおりものが出る理由は、ズバリ、黄体ホルモンというホルモンが分泌されるからです。妊娠初期には、ママのお腹の中で胎児が成長するのを助けるための黄体ホルモンが分泌されます。この黄体ホルモンが分泌されると、おりものもたくさん分泌され、白いかたまりのようなおりものが出てきます。

妊娠初期以外でも白いかたまりのおりものは出る

上述のように、妊娠初期には、黄体ホルモンの分泌によって白いかたまりのようなおりものが出てきますが、妊娠初期以外の妊娠中にも、白いかたまりのようなおりものが出てきます。

妊娠中には、ホルモンの変化より、おりものが多く出やすくなります。おりものが多いと、その中には、かたまりのような状態で出てきます。


スポンサーリンク



妊娠中の白いかたまりのおりもので注意すること

妊娠中に白いかたまりのおりものが出たときに注意する点があります。

白いかたまりのおりものが臭いとき

妊娠中に白いかたまりが出たときに、そのおりものが臭いにおいがあった場合には、膣炎や感染症などの病気の疑いがあります。臭いは、魚が腐ったような臭いなど、個人差があります。

痒みを伴うとき

妊娠中に白いかたまりが出たときに、痒みがある場合にも、膣炎や感染症などの病気の疑いがあります。

妊娠中のおりものは体調のサイン

妊娠中に出てくるおりものは、体調のサインでもあります。白いかたまりのようなおりものが出てくること自体は問題ありませんが、その白いかたまりのおりものに、魚の腐ったような臭いがあったり、痒みを伴う場合には、早めに病院に行って検査を受けることをおススメします。

妊娠中のおりものに対策を

妊娠中のおりものは、大量に分泌されるため、デリケートゾーンのケアには気を遣う必要があります。

おりものが多く出ると、おりものシートをこまめに交換しないことにより、デリケートゾーンが蒸れてしまい、デリケートゾーンが痒みやただれを引き起こしてしまいます。

また、おりものシートで雑菌が繁殖し、その雑菌が膣内に侵入することによって、膣内が感染症を引き起こしてしまいます。

おりものシートは通気性の良いものを選び、また、一日中使用できる長時間タイプのおりものシートであっても、3時間程度でこまめに取り替えるようにしましょう。

下着も通気性のものを選ぶことにより、より効果的にデリケートゾーンの蒸れを抑えることができるので、おりものシートと同様に下着も通気性のよいものにすることをおススメします。

まとめ

妊娠中にはいろいろな状態のおりものが出やすくなっております。また、おりものの状態は体調のサインでもあります。日ごろからおりものの状態、色、量、臭いに注意しながら、「いつもとは少し違うな」、「おかしいな」と思われる場合には、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

最後まで読んでいただき、たいへんありがとうございました。


スポンサーリンク