はちみつ

妊娠中にはちみつレモンなどのはちみつを含む食べ物は食べてはいけないと思っていませんか?妊娠中に、はちみつレモンなどのはちみつを含む食べ物を食べても問題ありません。そこで、妊娠中に蜂蜜レモンなどのはちみつ食品を食べても問題ない理由について紹介したいと思います。妊娠中ではちみつレモンなどのはちみつ食品を口にしても大丈夫なのか気になるママは、参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



妊娠中にハチミツレモンなどのはちみつ食品を食べてよい理由

妊娠中にはちみつレモンなどのはちみつ食品を食べると、蜂蜜に含まれるボツリヌス菌がお腹の赤ちゃんに影響するために、妊娠中ははちみつレモンなどのはちみつ食品を食べないほうがよいと聞いたことはありませんか?

確かに、1歳未満の赤ちゃんは、蜂蜜を口にしてはいけません。それは、1歳程度の赤ちゃんは、まだ腸が未発達な状態のために、蜂蜜に含まれるボツリヌス菌に感染してしまう可能性があるからです。

しかしながら、赤ちゃんがまだママのお腹にいる間、すなわち、胎児である妊娠中である場合、ママが、ハチミツレモンなどの蜂蜜食品を食べても、胎児には全く影響がありません。また、出産後の赤ちゃんが母乳を飲んでも、ママが食べたハチミツ食品が赤ちゃんに影響することはありません。

妊娠中にママがハチミツ食品を口にしてはいけないという話は完全に誤解です。おそらく、1歳未満程度の腸が未発達な赤ちゃんがハチミツ食品を食べると、ボツリヌス菌に感染する恐れがあるために、ママがハチミツ食品を口にすることでママのお腹にいる胎児がボツリヌス菌に感染してしまうのではないかと思われたことが誤解の原因だと思われます。

妊娠中にハチミツ食品を食べた方が良い理由

はちみつには、妊娠のママにとって大切な栄養素がたくさん含まれていることをご存知でしょうか?

はちみつには、葉酸、カルシウム、鉄分、カリウム、そして、ビタミン類など、妊娠中に必要な栄養素がたくさん含まれています。

例えば、葉酸やカルシウムは、胎児の成長に欠かすことができない栄養素です。また、鉄分は貧血予防に大変役立つ栄養素ですよね。カリウムは、高血圧を予防する働きがあります。さらに、ビタミン類は、免疫力を高めてくれる栄養素で、咳を止める殺菌力があり、風邪の予防をしてくれる大変貴重な栄養素です。

はちみつには、上述のような妊娠中に欠かせない栄養分のほとんどを含まれているため、妊娠中のママには大変ありがたい食べ物です。


スポンサーリンク



妊娠中にはちみつ食品を食べる際の注意点

はちみつは、妊娠中のママには大変ありがたい食べ物ですが、食べすぎはよくありません。

はちみつの一日の摂取量は、25g(スプーン4杯ぐらい)がよいそうです。はちみつは砂糖と比べてカロリーも低く、甘さは砂糖よりもあるため、砂糖に代えて、はちみつを料理に使用してみてはいかがでしょうか?

さらに、はちみつは、砂糖よりも脂肪になりにくい効果もあります。

一番おススメは、はちみつレモン!

上述のように、はちみつには妊娠中に欠かせない栄養素がたくさん含まれており、妊娠中のママには大変ありがたい食べ物です。そのはちみつを含む食べ物で一番お勧めなのが、はちみつレモンです。

レモンには、ビタミンCが多く含まれており、疲れたときに体力を回復するのに非常に役立つ栄養素です。そのレモンと一緒にハチミツを摂取することで、妊娠中に必要な栄養素を摂取するだけでなく、妊娠中の疲労を回復してくれるため、はちみつレモンは大変ありがたい食べ物です。

レモンはそのまま食べると酸っぱいので苦手な方もおられると思いますが、レモンをはちみつ漬けにしたはちみつレモンであれば、ハチミツがレモンの酸っぱさを抑えてくれるため、レモンの酸っぱさが苦手な人も美味しく食べられます。

妊娠中に、はちみつレモンを食べられることをお勧めします!もちろん、ハチミツの摂取量には気をつけてくださいね!

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク