医者と妊婦

妊娠中のおりものが水っぽいものが出たときはいつもと違うのでびっくりされると思います。妊娠中のおりものは水っぽいものなど妊娠前とは異なるおりものが出やすくなります。妊娠中のおりものの中でも大丈夫なおりものもあれば病気のサインのおりものもあります。そこで、妊娠中に水っぽいおりものが出た場合、問題ない正常なおりものなのか、病気のサインであるおりものなのかを見分け方についてご紹介いたします。


スポンサーリンク



妊娠中に水っぽいおりものでも大丈夫な特徴とは?

妊娠中に水っぽいおりものなどいろいろなおりものが出やすい傾向にあります。おりものが水っぽくても、心配する必要がない場合の特徴は、色が無色透明であること、臭いもいつもと同じ程度の気にならない臭いであることです。

無色透明で、臭いがいつもとほとんど変わらない場合は、問題ありません。

しかしながら、水っぽいおりものが継続して出てい来る場合には、破水の可能性があります。また、色が無色透明からピンク色などの色に変わった場合や、臭いがきつくなった場合など、おりものの症状が変わった場合には、医師に相談しましょう。おりものは、ママの体の体調を示す大事なサインです。妊娠中は、日ごろから、おりものなど、自分の体調の変化に気を配って生活することが大事ですよね。

妊娠中に水っぽいおりものでも病気の可能性がある特徴とは?

緑色、黄緑色、緑色などの色がついている場合

妊娠中に水っぽいおりものでも病気の可能性がある特徴とは、黄色、黄緑色、緑色などの色がついている場合であり、その場合、トリコモナス膣炎という膣炎などの可能性があります。
また、トリコモナス膣炎の場合には、水っぽいおりものが緑色、黄緑色、緑色などの色がついているのに加えて、魚の腐ったようなにおいがあります。

、水っぽいおりものが緑色、黄緑色、緑色などの色がついている場合、魚の腐ったようなにおいがある場合、あるいは、緑色、黄緑色、緑色などの色がついていて、魚の腐ったような臭いもある場合には、膣炎の疑いがありますので、医師に相談しましょう。

黄色、茶色などの色がついている場合

妊娠中に水っぽいおりもので、黄色、茶色などの色がついている場合は、クラミジア頸管炎の病気の可能性があります。この病気である場合、膣炎のような臭いはなく、自覚症状がありません。クラミジア頸管炎が進行していきひどい状況になると、下腹部が痛くなります。

クラミジア頸管炎の病状がひどくなる前に、水っぽいおりものに黄色、茶色などの色がついている場合には、早めに医師に相談しましょう。


スポンサーリンク



妊娠中のおりものの変化に注意することが大事

妊娠中には、妊娠前のおりものとは異なったおりものが出やすくなります。量が多くなったり、色が変化した、臭いが変わった、いつまでも収まらないでずっと出てくるなど、妊娠中のおりものに変化がある場合には、早めに医師に相談することが大事です。

そのためには、妊娠中のおりものの変化に常に注意して観察しておくことが大事ですよね。

また、妊娠中のおりものの量が増えることで、おりものシートが蒸れやすくなり、その結果、デリケートゾーンがかぶれたり、かゆくなったり、ひどい場合には、膣内が雑菌で炎症を起こしてしまうため、日ごろから、デリケートゾーンを清潔にするようにしましょう。

デリケートゾーンを清潔に保つためには、通気性の良いおりものシートを使用したり、おりものシートだけでなく下着も通気性の良いものを使用したり、おりものシートを数時間ごとに新しいものに取り替えたりして、自分なりの対策をしましょう。

また、おりものシートの中には、肌に低刺激なコットンなどの素材でできたものもありますので、普段使用しているおりものシートでデリケートゾーンが不快になる場合には、他の製品を試すことをおススメします。

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。


スポンサーリンク