ハート雲

妊娠中のおりものは多いものなのか不安になるママもおられます。妊娠中に自分のおりものの量が多いのか他人に相談することは恥ずかしいですよね。妊娠中のおりものの量は、妊娠前のときと比べて多くなりがちで、妊娠中の時期によっても、ママの体の体調や体質によっても変化するものです。そこで、妊娠中のおりものはどうして多くなるのかなど、妊娠中のおりものについて調べてみました。


スポンサーリンク



妊娠中のおりものはなぜ多いのか?

妊娠中のおりものが多くなるには理由があります。女性が妊娠すると、体が赤ちゃんを育てて出産できるようにするための環境作りが始まります。そして、女性ホルモンの働きが強くなり、その女性ホルモンの影響を受けて、分泌物としてのおりものが増える傾向になります。

妊娠中におりものが増えるのは正常な状態であるサインですね。

妊娠中のおりものが多いことによる注意点

妊娠中におりものが増えると、注意する点があります。それは、おりものシートが増加したおりものの量によって蒸れやすい状態になり、デリケートゾーンが痒くなったり、かぶれてしまったりすることです。

一度、デリケートゾーンが痒くなったり、かぶれてしまうと、なかなか治すことが難しい状態になり、不快な気持ちを持って生活しなければなりません。そうなると、つらいですよね。

妊娠中のおりもので痒くなったり、かぶれた場合には

妊娠中のおりものが増えたことで、デリケートゾーンが痒くなったり、かぶれた場合には、病院に行って検査を受けることをおススメします。

デリケートゾーンが痒くなったり、かぶれた場合には、デリケートゾーンで雑菌が繁殖し、膣内にカビの一種であるカンジタが増殖している可能性があるためです。この状態を放置しておくと、膣炎や感染症を引き起こしてしまいます。

雑菌の繁殖はすごく早い

妊娠中におりものが増えたことでデリケートゾーンが痒くなったり、かぶれた場合、デリケートゾーンでの雑菌の繁殖は非常に早く、あっという間に激増してしまいます。その結果、膣炎や感染症を引き起こす可能性が短期間のうちに高くなります。

デリケートゾーンをおりものの増加による蒸れを防ぐためには

おりものシートを長時間使用しないこと

妊娠中にデリケートゾーンのおりものの増加による蒸れを防ぐためには、ズバリ、常に、下着及びおりものシートを長時間着用するのではなく、こまめに取替え、そして、デリケートゾーンを不潔な状態にしないことです。

おりものシートについては、一日交換不要な製品もありますが、妊娠中のおりものが多く出やすい時期は、3時間ごとに取り替えるようにすることをおススメします。また、おりものシートは、通気性が良いものを選び、下着についても通気性を重視したものを選ぶようにしましょう。

こまめにおりものシートを取り替えるのは非常に面倒くさいですが、デリケートゾーンが痒くなったりかぶれてしまい、さらには、膣炎や感染症になってしまうことを考えると、やはり、こまめにおりものシートを取替えてでも、デリケートゾーンを清潔に保つようにすることをおススメします。

おりものシートは通気性が良いものを選ぶ

また、おりものシートは、通気性が良いだけでなく、肌に優しい素材でできた製品を選ぶと、デリケートゾーンのかゆみなどをさらに軽減してくれるため、おススメです。

おりものシートを再検討

一度、いろんな種類のおりものシートの製品を見比べてみて、自分に合うおりものシートを今一度探されてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。


スポンサーリンク