悩む女性

妊娠中におりものシートでかぶれた経験がありませんか?妊娠中はおりものの量が多く、おりものシートの使用でかぶれる悩みを持つ女性は多いようです。妊娠中におりものシートが原因でかぶれると、デリケートゾーンがかゆくなり、不快な気持ちになりますよね。そこで、妊娠中におりものシートでかぶれるのを防ぐ対策についてご紹介します。おりものシートによるかぶれで悩まれている方は参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



妊娠中のおりものシートでかぶれる原因

妊娠中には、おりものの量が多くなりますよね。そこで、おりものシートを使用されるママが多いと思いますが、このおりものシートを長時間使用していると、蒸れて雑菌が繁殖してしまいます。この雑菌の繁殖により、デリケートゾーンが痒くなったり、かぶれてしまうのです。一度、デリケートゾーンが痒くなったり、かぶれたりすると、イライラの原因やストレスになってしまいますよね、ホント、デリケートゾーンのかぶれは妊娠中の大きな悩みの一つですよね。

妊娠中のおりものシートによるかぶれ対策は?

妊娠中のおりものシートによるかぶれを軽減する対策の例をいくつかご紹介します。おりものシートによるデリケートゾーンのかぶれで悩まれているママは参考にしてみてください。

通気性が良く肌触りが良いおりものシートを使用する

通気性が良く肌触りが良い素材、例えば、コットンなどでできたおりものシートを使用することにより、デリケートゾーンの蒸れを抑えてくれ、かぶれにくくすることができます。普段は、同じメーカのおりものシートを使用されているかと思いますが、素材が何でできているか、通気性が良い構造をしているシートであるかなど、シートを購入する際に、普段使用していない他の製品にも目を向けて確認してみましょう。今使用されているおりものシートよりも通気性がよく肌触りが良い素材でできた製品が見つかるかもしれません。一度、他の製品も使用してみてご自分に合ったおりものシートを今一度確認してみてください。

妊娠中にはおりものシートをこまめに取り替える

通気性が良くて肌触りが良いおりものシートでも、長時間使用続けると、かぶれ対策の効果が軽減されてしまいます。一日中使用可能なおりものシートも販売されておりますが、一日に数回程度、こまめに交換するようにしましょう。特に、温度が高い日や、湿度が高い日、汗をかいたときなどには、普段よりもこまめに取り替えるようにしましょう。


スポンサーリンク



おりものシートだけでなく下着も

おりものシートが通気性が良く肌触りが良いものでも、そのシートを取り付ける下着が通気性が悪いと、デリケートゾーンが蒸れやすくなり、かぶれてしまいますよね。そこで、下着も通気性がよく、肌触りが良いものにすることで、より効果的なかぶれ対策になります。妊娠中は、おりものが多くて、デリケートゾーンが蒸れてかぶれやすくなりますので、妊娠中だけは、かわいいデザインやお洒落なデザインよりも、通気性が良い機能面を優先した下着をつけるようにしましょう。デリケートゾーンが痒くなってかぶれると、ホント、不快な気持ちで毎日を過ごすことになりますので、下着もかぶれ対策を意識したものを使用することをおススメします。

デリケートゾーンを石鹸で洗い過ぎないようにする

妊娠中には、おりものが多いために、つい石鹸などでいつも以上にデリケートゾーンを洗いたくなりますが、これは逆効果です。デリケートゾーンを石鹸などで洗いすぎると、本来膣がもっている自浄作用が弱くなってしまい、かぶれやすくなってしまいます。デリケートゾーンを洗うときは、お湯で洗い流すのが一番効果的です。

どうしてもおりものシートでかぶれるとき

通気性が良くて肌触りが良いおりものシートを使用し、下着も通気性が良くて肌触りが良いものを使用しても、かぶれてしまう場合には、布ナプキンを一度試されてはいかがでしょうか?市販の使い捨てのおりものシートは、様々な化学物質を使用しているために、肌が敏感な方は、上述のような対策をしても、かぶれやすくなります。布ナプキンは、自分で洗う必要があるため、面倒くさいですが、化学物質によるかぶれはないので、市販のおりものシートでかぶれる方にはおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?妊娠中のおりものシートでかぶれるのに悩まれている方は、是非、ご自分にあった対策をしてみてくださいね。

最後まで読んでいただき、たいへんありがとうございました。


スポンサーリンク