家族

妊娠中に旦那に浮気された場合の慰謝料について考えたことはないでしょうか?旦那の浮気、しかも妊娠中となると慰謝料請求と離婚が頭によぎると思います。普段の浮気ではなく、自分が肉体的にも精神的にも苦しくて旦那に支えてもらいたいときに、旦那に裏切られた気持ちの傷はとても大きいと思います。自分のお腹には旦那との赤ちゃんがいて、本当にこの先どうしていいかわからなくなってしまうと思います。そこで、妊娠中に旦那に浮気をされた場合に慰謝料請求と共に離婚することができるかまとめてみました。


スポンサーリンク



妊娠中に旦那はなぜ浮気をするのか?

世間一般の男性の意見によると、自分の妻が妊娠中に一度は浮気について考えたことがあるようです。女性の立場から考えると、信じられないですよね。妻が妊娠中に浮気について考えていること自体、女性の立場からすると、「アウト!」ですよね。妻が妊娠中に浮気を考えるには、旦那側にも言い分があるようです。

妻が妊娠しているため、妻との夫婦の営みをとることができない

妻が妊娠していることにより、妊娠前の時のように妻との夫婦の営みをとることができない環境におかれてしまうことが一番大きな理由のようです。妻のことを愛しているし、もちろん妻のお腹にいる赤ちゃんについても愛しているには違いありません。

しかしながら、その愛している妻と夫婦の営みをすることができなくなってしまうと、寂しい気持ちに陥ってしまい、結果として、家庭の外で、他の女性と浮気をしてしまう可能性が高くなるようです。女性から見れば、到底理解できないですよね。寂しい理由から他の女性と浮気をするなんて裏切り行為にも程がありますよね。浮気について頭で考える程度ならまだしも実際に一線を越えて行為に及ぶことは到底許されるべきものではありません。妻が妊娠している世間一般の旦那全員が浮気をしているわけではなく、浮気をしないで自分の妻が出産するまで妻と二人三脚で赤ちゃんの誕生を楽しみにしている夫婦はたくさんいるですからね。寂しいなんて浮気の理由にはなりませんよね。

妊娠中の旦那の浮気によって離婚を考えると・・・

自分の妊娠中に旦那が浮気をし、その浮気内容によってどうしても許すことができない場合があると思います。冷静になり、自分や自分たちの赤ちゃんの将来のことを考えてみても、やはり、離婚することが自分と赤ちゃんのためだという結論になる場合もありますよね。特に、旦那が「浮気」という裏切り行為を全く反省する態度がない場合や、浮気女性にはまってしまった場合には、「離婚」という二文字が頭によぎってしまうと思います。妊娠しているときに、余計な悩みを抱え込んでしまい、ホント、辛いですよね。


スポンサーリンク



離婚を考えたときには周囲のアドバイスも考慮

離婚を考えた場合には、まずは周囲のアドバイスを聞くことが自分の気持ちの乱れを落ち着かせてくれる機会となりますので、自分の両親や友人、知人、あるいは弁護士などの専門家に相談してみましょう。もしかしたら、離婚をしない方向で気持ちが落ち着くかもしれませんので。浮気をした旦那の両親にも相談することも、問題解決に向けて効果的かもしれません。

離婚をする方向で考えた場合は慰謝料請求も考慮

周囲のアドバイス等を考慮しても、結局、離婚をする方向で考えた場合には、離婚と同時に慰謝料請求についても考えるべきです。慰謝料請求は、浮気をした旦那だけでなく、その浮気相手の女性に対しても請求することができます。旦那だけでなく、当然、相手の女性についても慰謝料を請求することを考えるべきです。もし、旦那の浮気相手が、旦那に妻がいることや、旦那の妻が妊娠していることを知っていた上で、旦那と関係を持ったとなれば、同じ女性として理解することはできず、許すことはできないと思います。

離婚や慰謝料については専門家に相談が基本

離婚をする方向で慰謝料や養育費等でご自分で悩むよりも弁護士等の専門家に相談することが一番の解決策です。慰謝料や養育費の相場なども過去の裁判例から算出してくれますし、何よりも交渉相手である旦那側との交渉も行ってくれますので、必要以上に悩まなくて済みます。それに、専門家の意見を聞いて、自分の気持ちを精神的に楽にしてくれますので。

自分と赤ちゃんの人生が最優先

離婚について考えることになってしまった場合、一番最優先させることは、自分の将来の人生と自分のお腹にいる赤ちゃんの将来のことです。離婚することが、自分や赤ちゃんの将来にとって良いかどうかを見極めることが一番大事です。そのためには、専門家や両親や知人等に相談し、納得のいく形で旦那の浮気問題を解決させましょう。

また、自分の妊娠中の旦那の浮気は到底許すことができないことかもしれませんが、もし、旦那の反省した態度などがある場合には、旦那の言い分も理解してあげることも解決策の一つかもしれませんね。後悔しない解決策を見つけることが一番いいですよね。

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク