ハート

妊娠初期症状に出血だけでなく腹痛や腰痛を伴った場合、流産の危険性があるのか不安になりますよね。妊娠初期症状の少量の出血だけならともかく、腹痛や腰痛があるとお腹の赤ちゃんは大丈夫か流産しないか大変気になります。そこで、妊娠初期の症状として出血に加えて腹痛や腰痛がある場合の流産の危険性についてまとめてみました。


スポンサーリンク



妊娠初期症状に少量の出血と腹痛や腰痛がある場合の流産の関係は?

妊娠初期症状には、様々な理由で少量の出血が出る場合があります。出血の色としては茶褐色やピンク色などがあります。また、腹痛の症状としては、生理通の時の痛みと似たような痛みであったり、お腹が引っ張られるような軽い痛みであって、長く続かない場合には、妊娠初期に良く見られる症状の範囲内であり、流産を心配する必要はないと考えられます。妊娠初期には、子宮が大きくなるため、この子宮の拡張によってお腹が引っ張られた感じで腹痛の症状が出ます。腹痛の痛みも個人差があり、チクチクした感じの腹痛の症状が出る人もいれば、お腹全体が張った感じの腹痛の症状が出る人もいます。

また、妊娠初期症状の腰痛は、リラキシンホルモンが大量に分泌されることによることが原因であると考えられています。

リラキシンホルモンは、ママのお腹の赤ちゃんが出てくる軌道を調節するために骨盤周囲の靭帯を緩める作用があり、この靭帯を緩める作用によって骨盤が不安定な状態に支えられることにより、その結果として腰痛になってしまいます。そのほかにも、運動不足が原因で腰痛になることもあります。

従って、妊娠初期症状に少量の出血があり、軽い痛みの腹痛や腰痛である場合には、流産を心配する必要はありません。しかしながら、いつもと違うな?おかしいな?と感じた場合には、かかりつけの産婦人科を受診して、医師の指示に従いましょう。


スポンサーリンク



妊娠初期症状に少量の出血と長く続く腹痛や腰痛がある場合の流産の関係は?

妊娠初期症状に出血は少量であっても腹痛が長く続く場合には、腰痛があってもなくても流産の危険性があるため、早めにかかりつけの産婦人科を受診するようにしましょう。この場合の痛みが継続する腹痛の症状としては、締め付けられるような痛みやズキズキとした下腹部の痛みなどが挙げられます。また、腹痛の痛みが徐々に増す場合も流産の危険性がありますので注意が必要です。

妊娠初期症状に少量出血と長く続く腹痛や腰痛があっても流産の危険がないことも

妊娠初期に様々な理由で少量の出血が出ており、腰痛の有無に関係なく、腹痛が長く続いた場合でも、流産の危険性がない場合もあります。上述のように、妊娠初期には子宮が大きく拡張するため、腸が圧迫されて、それが原因で便秘になるママがおられます。もちろん、女性の方は妊娠していなくても便秘になっている方が多くおられますが。妊娠中に長期にわたって便秘状態が続くと腹痛の症状が出ます。

従って、腹痛が長く続いた場合には、便秘が原因なのかどうか見極める必要があり、便秘が解消されて長く続いた腹痛がおさまれば流産を心配する必要はいりません。

妊娠初期の症状で出血と腹痛は腰痛よりも注意する流産のサイン

以上のように、妊娠初期の症状で最も注意する症状は、腰痛よりも出血と腹痛の症状です。特に、出血と伴って腹痛の症状がある場合には、流産の可能性もあるので、その腹痛の痛みの強弱や、痛む期間の長さなどを注意深く見守る必要があります。

従って、妊娠初期症状において腰痛の有無に関係なく、出血と伴って腹痛の症状がある場合には、自分で判断せず、かかりつけの産婦人科を受診して医師に相談しましょう。

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク