妊婦

妊娠初期症状で腹痛がいつからかちくちく痛むときがあります。特に、初めて妊娠したママは、このちくちく痛む腹痛は放っておいても大丈夫なのか心配になると思います。そこで、妊娠初期に腹痛がちくちく痛む症状について調べてみました。同じ症状を持つママさんは、参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



妊娠初期に腹痛がいつからかちくちく痛む症状の原因は何?

妊娠初期に腹痛がいつからかちくちく痛む症状は、子宮が大きくなることが原因の一つに挙げられます。妊娠初期には子宮は徐々に拡張して成長します。この子宮が大きくなることによりちくちくした痛みを伴う腹痛がでます。

また、子宮が大きくなることにより、子宮周辺にある臓器や靭帯が引っ張られ、これによってちくちくした痛みを伴う腹痛がでます。

また、子宮の拡張はプロゲステロンというホルモンの分泌が影響しており、プロゲステロンホルモンが、子宮周辺にある胃や腸などの消化器官に影響を与え、腸の機能が低下することにより、ちくちくした痛みを伴う腹痛がでます。

妊娠初期にちくちく痛む腹痛は便秘が原因かも

妊娠初期にちくちく痛む腹痛の症状は、上述のような子宮の拡張が原因である場合に限りません。例えば、便秘によってもちくちく痛む腹痛の症状が出ます。女性は妊娠していないときにも便秘の方が多いので、妊婦さんで便秘に悩む方は非常に多いようです。何日も便が出ていない場合は、便秘が原因で、ちくちく痛む腹痛が生じている可能性があります。


スポンサーリンク



妊娠初期にちくちく痛む腹痛は下痢が原因の場合もある

妊娠初期にちくちく痛む腹痛は、ホルモンバランスの変化や食事量の増減が起因した下痢によっても出ます。上述のように、ちくちく痛む腹痛の症状は、便秘でも起きますが、下痢でも起きてしまいます。日ごろから、体調を管理するように心がけることが大切ですよね。

妊娠初期にちくちく痛む腹痛は子宮外妊娠や切迫流産の可能性もある

妊娠初期にちくちく痛む腹痛は、上述のような原因であれば、特に心配は要りませんが、子宮外妊娠や切迫流産の原因である場合には注意が必要です。

妊娠初期にちくちく痛む腹痛が子宮外妊娠や切迫流産の原因であるか否かの判断は、出血を伴っているかどうかが一つの決め手になります。特に、鮮血の出血を伴っている場合には、早めにかかりつけの産婦人科を受診して、医師の指示に従いましょう。

妊娠初期にちくちく痛む腹痛があってもまずは安静にすることが大事

妊娠初期にいつからかちくちく痛む腹痛があってもまずは安静にして落ち着くことが大事です。流産するのではないか?とか元気な赤ちゃんを産めるのかな?などと必要以上に心配しないことです。ほとんどのママさんたちは、出血や腹痛、腰痛、下痢などの症状を経験して、無事に元気な赤ちゃんを産んでいますので、自分ひとりで悩まず、気になることがあれば、家族や医師に気軽に相談するようにしましょう。

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク