妊婦

妊娠初期に茶色やピンク色の出血が続く場合、流産の可能性はあるのでしょうか?妊娠初期の出血は多くのママが経験されていますが、妊娠初期に茶色やピンク色の出血が続く場合は、流産かも?と不安になるママも多いようです。そこで、妊娠初期の茶色やピンク色の出血が続く場合に流産まで心配する必要があるかどうかまとめてみました。


スポンサーリンク



妊娠初期の茶色やピンク色の出血が続く場合で流産の可能性が低い場合とは?

妊娠初期には、多くのママたちが出血の症状を経験されます。その多くは、「着床出血」などの一時的に少量の茶色やピンク色の出血が出るものなのでそんなに心配する必要はありません。しかしながら、妊娠初期において茶色やピンク色の出血が一時的ではなく何日も続く場合は、流産するの?と少し心配になりますよね。特に、初めて妊娠を経験されるママや、高齢で妊娠されたママは特に少しの体の変化にも必要以上に敏感になってしまい、悩んでしまうとおもいます。
妊娠初期において茶色やピンク色の出血が何日も続いても流産の可能性が低い症状として以下のものが挙げられます。

「絨毛膜下血腫」
切迫流産の原因として挙げられている症状で、絨毛膜に血液が溜まる事で出血するようですが、安静にしていれば約4ヶ月程度で出血が止まるようです。

また、女性の不正出血の症状として子宮の入り口がただれることにより出血が一定期間続く場合があるようですが、この症状は、流産の可能性とは関係ありません。

また子宮頸部に良性のポリープができている場合にも出血が続く場合がありますが、この症状も、流産の可能性とか関係ありません。なお、ポリープは妊娠中であっても切除する場合があります。

妊娠初期の茶色やピンク色の出血が続く場合で流産の可能性がある症状とは?

妊娠初期の茶色やピンク色の出血が続く場合でも上述のような症状であれば流産の可能性とは関係ないので心配する必要がありませんが、逆に、妊娠初期において茶色やピンク色の出血が一定期間続き、流産などの可能性がある症状として、先天的異常によりお腹が張った状態で出血が続く場合には要注意です。このようなお腹が張って出血も何日か続く場合には、流産の可能性があるのですぐにかかりつけの産婦人科を受診しましょう。

また、絨毛が異常に増殖することが原因で生じ、絨毛が赤ちゃんを吸収してしまう胞状奇胎の場合は、妊娠の継続はできなく、除去手術が行われます。

また、子宮外の卵管等で着床する子宮外妊娠症状の場合も妊娠の継続はできなくなってしまいます。


スポンサーリンク



妊娠初期の出血が続かない場合でも鮮血である場合は流産のサイン?

妊娠初期の茶色やピンク色の出血で何日も続かないが鮮血である場合は流産等の可能性があるため、速やかにかかりつけの産婦人科を受診しましょう。

妊娠初期の茶色やピンク色の出血が続かなくても大量の出血は流産のサイン?

妊娠初期の茶色やピンク色の出血が続かない場合でも大量の出血の症状がある場合は、赤ちゃんに危険が迫っているサインである可能性が高く、そのため流産の可能性があるので、この場合も、速やかにかかりつけの産婦人科を受診しましょう。

妊娠初期の茶色やピンク色の出血が続かなくて少量でも流産の可能性はある?

妊娠初期の茶色やピンク色の出血が続かない場合で、その出血が少量の場合でも、歩くことができないような激しい腹痛を伴う場合には、子宮外妊娠の可能性もあるので、早めに産婦人科を受診しましょう。

妊娠初期の茶色やピンク色の出血が続いても流産の原因となることはほとんどない

妊娠初期において茶色やピンク色の出血が続いた場合でも、安静にしていればその出血が続く症状もおさまることがほとんどのようですので、流産の可能性はほとんど低いと考えられます。従って、茶色やピンク色の出血が続いても、まずは、安静にして出血が続くのが収まるようにしましょう。そして安静にしていても出血が続く場合には、流産の可能性があるかもしれないので、早めにかかりつけの産婦人科を受診して医師の指示に従いましょう。
また、安静にしていて出血が続くのが収まった場合にも、医師にその旨を報告するようにしましょう。常に、かかりつけの医師には、気になったことや、何日か続く出血などの体の変化について細かく伝えるように心がけましょう!

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク