女性

妊娠初期には少量の茶色の出血が出たり腰痛になったりするなどいろいろなトラブルが発生しやすい時期であります。妊娠初期の症状として少量の茶色の出血と合わせて腰痛が起こる場合もあります。また、妊娠初期に少量の茶色の出血はなく、腰痛だけの症状がある場合もあります。

従って、妊娠初期の腰痛は、少量の茶色の出血の有無に関係なく、単に見過ごすことができない場合があります。妊娠初期に少量の茶色の出血の症状だけの場合はそれほど心配はいりませんが、妊娠初期に腰痛の症状がある場合には、流産の兆候の可能性があるからです。

そこで妊娠初期に茶色の出血や腰痛の症状が出た場合の対処方法などをご紹介します。是非、参考にしていただき、そして自己の判断ではなく、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。


スポンサーリンク



妊娠初期の少量の茶色の出血と腰痛は大丈夫?

妊娠初期の少量の茶色の出血の症状には「着床出血」や「毛細血管の損傷による出血」などがありますが、これらの出血の症状と合わせて腰痛の症状が出る場合があります。

腰痛の度合いは、人によって違うようです、いつもと少し違うなという軽度な腰痛の症状が出る人や、動くこと自体が厳しい重度な腰痛の症状が出る人もおられます。

妊娠初期の腰痛の原因としては、リラキシンホルモンが主な原因のようです。

妊娠初期には、リラキシンホルモンという卵巣ホルモンが大量に分泌され、このホルモンによって関節や骨盤周囲の靭帯を緩めるなどの作用がでます。このホルモンによって、関節や骨盤周囲の靭帯を緩まることにより、赤ちゃんが出てくる軌道を調節することができるようになっています。ママの体は神秘的ですごいですよね!

このリラキシンホルモンによって、赤ちゃんが出てくる軌道が調節されることによって、靭帯が緩くなるために骨盤が不安定になり骨盤を支えようとする筋肉等に負担が生じてしまい、その結果、腰痛が生じてしまいます。

また、妊娠生活に入ることにより、妊娠前の生活と異なるライフスタイルを送ることになり、運動不足などが原因で腰痛になる場合もあります。

従って、妊娠初期には、腰痛が生じやすいということを理解しておきましょう。特に、普段から運動をあまりしない方など、下半身の筋力が弱い方は腰痛が生じやすいかもしれません。

以上のように、妊娠初期において少量の茶色の出血の症状と合わせて腰痛の症状だけがある場合には、必要以上に心配することはないと考えられますが、これらの症状に加えて腹痛の症状を伴う場合には、流産の可能性もあるので、早めにかかりつけの産婦人科を受診しましょう。

妊娠初期の少量の茶色の出血がなく腰痛だけの症状も大丈夫?

上述のように妊娠初期の腰痛の症状は、主にリラキシンホルモンの分泌による骨盤の緩みによって生じるものです。従って、妊娠初期の少量の茶色の出血が伴っていなくても当然に腰痛だけの症状が現れることはありますので、いつもと違う激しい腰痛や腹痛等の症状がない場合は、必要以上に心配することはないと思われます。しかしながら、いつもと違うな、なんか変だな?と思われるときには、早めにかかりつけの産婦人科を受診しましょう。


スポンサーリンク



妊娠初期に腰痛がなく少量の茶色の出血だけの症状も大丈夫?

妊娠初期に、腰痛の症状がなく、少量の茶色の出血だけの症状の場合も、「着床出血」や「毛細血管の損傷による出血」がほとんどであるため、必要以上に心配する必要はありませんが、出血が、少量の茶色の出血ではなく、鮮血や、何日も続く出血などの場合には、かかりつけの医師に相談しましょう。

妊娠初期の出血が少量の茶色の出血ではなく、腰痛も激しい場合は危険?

妊娠初期において、少量の茶色の出血ではなくダラダラと続くような出血や、激しい腰痛、さらには、腹痛の症状がある場合には、流産の危険性が出てくるので、早めにかかりつけの産婦人科を受診しましょう。一人で悩まず、いつでもかかりつけの医師に相談する習慣をつけておきましょう!

妊娠初期の少量の茶色の出血に関係なく、腰痛の対処法は?

妊娠初期の腰痛は、無理な姿勢や思い荷物を持つなどを極力避けるようにしましょう。また、立ち上がるときなどには、なるべく体を垂直にゆっくりと移動させるようにしましょう。

また、体を冷やすことをできるだけ避けるようにしましょう。お風呂でゆっくりと体を温めたり、蒸しタオルなどを使って痛い部分を温めて血行がよくなるようにしてあげましょう。血行を良くすることにより、腰痛が軽減されます。

また、軽いストレッチなども、筋肉をほぐして腰痛の痛みを和らげるのに効果がありますので一度試してみる価値がありますよね。

妊娠初期の出血が少量の茶色の出血と腰痛だけでは必要以上に悩まないこと!

妊娠初期の症状として、出血が少量の茶色の出血であり、また腰痛もいつもと違う激しいものでない限り、必要以上に悩む必要はありません。しかしながら、これらの症状に加えて腹痛などの症状がある場合や、出血も長く続く場合などの場合には、早めにかかりつけの産婦人科を受診して、医師の指示に従いましょう!

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク