妊婦

妊娠初期に少量の茶色の出血が出たことがある人が多いようです。妊娠初期には体のちょっとした変化にも敏感になり、少量の茶色の出血を見て心配になってしまいますよね。特に、初めての妊娠を経験されるママにとっては、妊娠のことで不安がいっぱいな妊娠初期にいきなり出血が出たら心配になるのは当然です。自分だけが異常だとか、元気な赤ちゃんが生まれてくるだろうかなどなど、心配や不安でいっぱいだと思います。しかしながら、ほかのママさんたちも同じような悩みを抱えていますので、自分ひとりだけで悩まず、いろいろな情報を取り入れ、そして適宜、かかりつけの医師の指示に従って妊娠生活を送りましょう!
そこで、特に妊娠初期の悩みで多い、妊娠初期の少量の茶色の出血についてまとめてみました。参考になれば幸いです。


スポンサーリンク



妊娠初期の少量の茶色の出血はママの体の変化の現れ

妊娠初期は、ママの体が元気な赤ちゃんを産むための準備を本格的に開始する時期であるため、ママの体には少しずつ変化が出て不安定な状態になりやすい時期です。特に、多くのママが経験される妊娠初期の「少量の茶色の出血」の原因は、赤ちゃんの環境づくりのためのママの体の変化の現れの一つのようです。ですので、妊娠初期に出る少量の茶色の出血は必要以上に悩まないことが基本です。

妊娠初期の少量の茶色の出血の原因は「着床出血」

妊娠初期に出る少量の茶色の出血の原因の一つとして、「着床出血」の可能性が一般的に高いと考えられます。「着床出血」は、受精卵が子宮内膜に着床するときに子宮内膜を損傷させることにより生じます。この「着床出血」は、妊娠初期の4週目ごろに出てくるものであり、「着床出血」の血液は酸化して茶色に変化し、その茶色に変化した状態の血液がおりもとと一緒になって出てきます。妊娠初期の4週目は、ちょうど生理予定日と重なる時期でもあるので、「着床出血」によって妊娠していることに気づかれる人もおられるようです。

妊娠初期の少量の茶色の出血の原因で「着床出血」以外に考えられるものは?

妊娠初期に出る少量の茶色の出血の原因の一つとして、「着床出血」の可能性が最も可能性が高いですが、「着床出血」以外にも毛細血管の損傷が考えられます。特に、妊娠初期の5週目あたり、すなわち、生理予定日から一週間ほど経過したあとに見られる少量の茶色の出血は、「着床出血」ではなく毛細血管の損傷による出血の可能性が高いと考えられます。

この妊娠初期の5週目以降では、元気な赤ちゃんを産むための環境づくりがママの子宮内で活発に行われており、新しい毛細血管が作られ、子宮はどんどん大きく拡張されていきます。この子宮の拡張により、繊細な毛細血管が傷つけられて出血することがあります。従って、妊娠初期の5週目以降で見られる少量の茶色の出血は、子宮の拡張に伴う毛細血管の損傷による出血の可能性が高いと考えられます。

しかしながら、出血が鮮血であったり少量でない場合は、他の原因である可能性があるので、かかりつけの産婦人科の医師に相談するようにしましょう。


スポンサーリンク



妊娠初期6週目ごろの少量の茶色の出血の原因は「切迫流産」の可能性も

上述のように、妊娠初期の5週目以降における少量の茶色の出血の原因は、子宮拡張による毛細血管の損傷が考えられますが、妊娠初期の6週目ごろに少量の茶色の出血が出た場合には、「切迫流産」の可能性が考えられます。

「切迫流産」ということばで妊娠に不安を感じるママもおられると思いますが、「切迫流産」は、完全な流産の状態ではなく、ママのお腹の赤ちゃんも生きている状態です。しかしながら、絶対に安静にすることが大事です。特に、仕事をしているママは、無理せずにできるだけ休暇をとって自分の体そして赤ちゃんのことを第一に考えましょう。

そして、必ず、かかりつけの産婦人科を受診してご自分の体の状態について相談しましょう。

「切迫流産」を経験したママのうち7割程度のママが無事に元気な赤ちゃんを産んでいるので、医師の指示に従って大事に過ごす必要はありますが、必要以上に焦らないことが肝心です。

内診時のエコーなどの刺激で少量の茶色の出血の可能性もある

また外部的要因、例えば内診時における経膣エコーなどによって刺激を受けたことが原因で少量の茶色の出血が出る場合もあります。

妊娠初期の少量の茶色の出血は深く悩まないことが肝心

以上のように、妊娠初期の少量の茶色の出血はさまざまな原因で生じておりますが、必要以上に深く悩まないで、気になることがあれば、昼夜問わず、かかりつけの医師に相談するようにしましょう!必要以上にストレスを溜めないことです。元気な赤ちゃんと会えるのを楽しみにしてなるべくストレスを溜めずに妊娠期間中を過ごすようにしましょう!

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク