女性

妊娠初期症状で少量のピンクの出血が出る場合があります。また、妊娠初期症状で少量のピンクの出血に伴って腹痛や腰痛の症状が出る場合もあります。妊娠初期に少量のピンクの出血だけでなく腹痛や腰痛の症状まで出るときちんを元気な赤ちゃんを産めるのか、流産しないのかなど不安になると思います。そこで、妊娠初期症状の少量のピンクの出血、腹痛、腰痛について調べてみました。


スポンサーリンク



妊娠初期症状で少量のピンクの出血があるが腹痛や腰痛を伴わない場合

妊娠初期症状で少量のピンクの出血が出る場合がありますが、腹痛や腰痛を伴わない場合は、流産の危険性は低いようです。出血の色は、ピンク色に限らず茶褐色である場合もあります。出血の臭いは、生理のときと同じような臭いかほぼ無臭です。また、いつもと少しだけ違うかなというような軽度の腹痛や腰痛が伴っている場合でも流産の危険性の問題は低いとされています。

ただし、妊娠初期に少量のピンク出血が長く続く場合や、少量でなく大量に出血した場合などには、かかりつけの産婦人科を受診して医師の指示に従いましょう!また、少量の出血でもなんか気になるなと思われる場合にも医師に相談しましょう。

妊娠初症状で少量のピンクの出血があり腹痛や腰痛を伴わう場合

妊娠初期症状で少量のピンクの出血に加えて腹痛や腰痛が伴う場合には、切迫流産や流産をしている場合がるので、早めにかかりつけの産婦人科を受診しましょう。ただし、少量のピンクの出血はあるが、安静にしていれば腹痛や腰痛の痛みが解消される場合などは、切迫流産や流産の危険性は低いと考えられますが、自分の判断で決めずに、この場合も、かかりつけの医師に相談しましょう。

妊娠初期に少量のピンクでなく大量の出血が!腹痛や腰痛もある場合は危険!

妊娠初期に少量のピンクの出血ではなく大量の鮮血の出血がある場合は、危険性が高いと考えられます。まず、出血の色ですが、ピンク色ではなく、鮮血であり、出血の臭いも生理のとき以上に臭く、そして、出血の量が大量(生理のときよりも多い)の場合は、危険性が高いのではやめにかかりつけの産婦人科を受診して医師の指示に従いましょう。

また、妊娠初期に少量のピンクの出血ではなく大量の鮮血の出血がある場合は、激しい腹痛や腰痛を伴う場合が多いようですので、腹痛や腰痛の度合いも日ごろから気をつけてみることが必要です。


スポンサーリンク



妊娠初期に少量のピンクの出血がなく、腹痛や腰痛がある場合は大丈夫?

妊娠初期には、ママの体には元気な赤ちゃんを産むための準備がされております。例えば、妊娠初期には、赤ちゃんが出てくる軌道を調節するためのリラキシンホルモンが大量に分泌されます。そして、このリラキシンホルモンによって、骨盤の周囲にある靭帯が緩まり、それが原因で骨盤が不安定にあり、腰痛を生じてしまいます。

また、腹痛に関しても軽度な腹痛は妊娠中に限らず、下痢等の症状として出ます。

従って、妊娠初期症状として少量のピンクの出血がなく、軽度な腹痛や腰痛である場合は必要以上に心配する必要がありません。

しかしながら、激しい腹痛や腰痛を伴う場合などは、必ず、かかりつけの医師に相談して医師の指示に従いましょう!

妊娠初期の少量のピンク色の出血と腹痛や腰痛があっても焦らないこと!

妊娠初期には、いろいろな体の変化が出てくる時期です。従って、妊娠初期において、少量のピンクや茶褐色の出血が出た場合、まずは安静にして過ごすように心がけましょう!必要以上に悩んでストレスをかかえないようにすることが肝心です。また、そのような少量のピンクや茶褐色の出血に伴って、腹痛や腰痛の症状がある場合にも、軽度の腹痛や腰痛の場合は、必要以上に心配せず、まずは安静に過ごしましょう。そして、ちょっと変だな?とかいつもと違うな?と感じた場合は、かかりつけの医師に相談するようにしましょう!自分勝手な判断で決めることは大変危険です。必ず、かかりつけの医師に相談する習慣を付けましょう。

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク