女性

妊娠初期には、着床出血など様々な理由で出血をする場合があります。妊娠初期の出血で流産する確率はどのくらいなのか、また流産の兆候や原因が何か気になりますよね。そこで、妊娠初期の出血で流産する確率と流産の兆候や原因についてまとめてみました。


スポンサーリンク



妊娠初期の出血の色で流産の確率がわかる?流産の兆候となる出血の原因は?

妊娠初期には、出血が出ることがありますが、この出血の色が茶褐色やピンク色の場合は流産の確率は低いと考えられ、一方、妊娠初期の出血が、鮮血である場合には、流産の兆候の兆候であり、流産の確率が高く、危険な状態であるといえます。

妊娠初期の出血の色が茶褐色やピンク色の場合は、流産の兆候ではなく、出血の理由は、着床出血や毛細血管の損傷などが挙げられ、流産の心配は必要ありません。

一方、妊娠初期の出血の色が茶褐色やピンク色ではなく鮮血である場合には、流産の兆候であり、切迫流産等の可能性があるので、早めに産婦人科を受診して医師の指示に従いましょう。


スポンサーリンク



妊娠初期の出血が鮮血であっても一時的であれば流産の兆候でなく流産の原因になる確率は低い

妊娠初期の出血が鮮血であっても必ずしも流産の兆候とは限らず、流産の原因になるとは限りません。

この場合の見分け方としては、その鮮血の出血が一時的であるか何日も続くものであるかによって判断することができます。

鮮血の出血が一時的である場合には流産の兆候ではなく、流産の原因になる確率は低いと思われ、逆に、鮮血の出血が何日も続く場合には、流産の兆候であり、流産の原因になる確率が高いと思われます。

妊娠初期に鮮血の出血が出た場合、流産の兆候や流産の原因に関係なく医師に相談を

上述のように、妊娠初期の出血が鮮血であった場合には、その鮮血の出血が一時的であるか何日も続くものであるかによって流産の兆候を示す出血であるのか否かを判断できると共に、流産の原因になる確率が高いのか低いのか判断できますが、仮に、妊娠初期の鮮血の出血が一時的であっても、流産の原因になる確率がゼロではありませんので、かかりつけの産婦人科を受診して、自分の体の症状をはっきりと報告し、医師の指示に従うようにしましょう。

自分だけでの勝手な判断は禁物です。いつもと違うなと感じた場合には、いつでもかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク