妊婦

妊娠初期の下痢で流産の可能性があるか心配するママたちは多いようです。妊娠初期には下痢や腹痛等のトラブルが多く、下痢で流産するケースもあるため、特に始めて妊娠するママにとっては下痢の症状が流産の危険性を示しているのか気になると思います。そこで、妊娠初期の下痢で流産の可能性があるか調べてみました。


スポンサーリンク



妊娠初期の下痢の原因のホルモンと流産の可能性

妊娠初期の下痢は、妊娠によってプロゲステロンホルモンの分泌が原因のことが多いようです。このプロゲステロンホルモンは、子宮の収縮を抑える働きをするホルモンですが、胃腸の働きを弱める作用もあります。したがって、消化不良を起こしてしまい、その結果、腹痛や下痢の症状になってしまうようです。

このプロゲステロンホルモンの分泌が原因である場合の妊娠初期の下痢は、流産の可能性はなく、流産の心配は要りません。

プロゲステロンホルモンの分泌が原因である場合の妊娠初期の下痢は、ホルモンのバランスを整えることが大事です。ホルモンバランスを整えるためには、大好きな音楽を聴いたり、好きな本を読んだりするなどしてリラックスすることです。ゆったりと落ち着いた環境で過ごしましょう。

妊娠初期の下痢の原因の食生活のリズムと流産の可能性

妊娠初期の下痢の原因として、上述のプロゲステロンホルモンの分泌以外には、食生活のリズムの乱れが挙げられます。妊娠初期は、妊娠前の食事と違って定時で食事をとることができなくなってしまいがちです。そのような食生活のリズムが崩れることによって腹痛や下痢になってしまうようです。

また妊娠初期には、固形物を避けて、水分の多い流動物を食べてしまう傾向になりやすく、それが原因で、結果として腹痛や下痢になってしまうようです。

妊娠初期の下痢の原因が、食生活のリズムの乱れや、水分の多い流動物のとりすぎである場合には、流産の可能性はなく、流産の心配は要りません。

食生活のリズムの乱れや、水分の多い流動物のとりすぎが原因である場合の妊娠初期の下痢は、消化が良いものをゆっくりと食べることや、加熱処理を施したものなどを食べるようにしましょう。徐々に腹痛や下痢の症状が軽減されます。なお、ヨーグルトや果物、生魚、生野菜などは、妊娠初期の下痢を生じやすいため、なるべく食べるのを控えましょう。


スポンサーリンク



妊娠初期の下痢の原因のストレスと流産の可能性

妊娠初期の下痢の原因として、上述の二つ以外にはストレスが挙げられます。妊娠初期には、自分は流産することなく元気な赤ちゃんを産めるだろうかなどと心配してしまいがちな時期であります。特に、初めての妊娠のママたちは、流産等の心配や不安が一杯だと思います。そのため、妊娠初期では、自分では気づかないうちに徐々にストレスを溜めていってしまい、その結果として、自律神経が乱れて、下痢になってしまいます。

妊娠初期の下痢の原因がストレスの場合も、流産の可能性はなく、流産の心配は要りません。

また、妊娠初期の下痢の原因がストレスの場合、例えば、自分の好きなことを生活に取り入れてストレス発散することができる環境にしましょう。ただし、激しい運動は流産の原因になる可能性があるので禁物ですのでご注意ください。

流産の可能性がある妊娠初期の下痢の症状はある?

上述のように、妊娠初期の下痢の原因が、ホルモンバランスの乱れや、食生活のリズムの乱れ、ストレスなどの場合には、流産の可能性がなく、流産を心配する必要はありませんが、妊娠初期の下痢が、いつもよりも激しい腹痛を伴う場合や、何日も続く出血や大量の出血を伴う場合には、流産の可能性があるのですぐにかかりつけの産婦人科を受診して医師の指示に従いましょう。

この場合、下痢自体が流産を引き起こしているのではなく、激しい腹痛や出血の症状が流産を引き起こしていると考えられます。

妊娠初期の下痢だけの症状なら流産の心配は要らない

妊娠初期において下痢だけの症状で、激しい腹痛や何日も続く出血や大量の出血を伴わない場合には、流産の可能性はなく、流産の心配は要りません。従って、下痢の原因を和らげるように生活環境を変えて過ごしましょう。

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク