野菜

妊娠初期には下痢や便秘の症状が出やすく下痢や便秘を繰り返してしまいます。妊娠したママさんたちのほとんどの方が妊娠初期に下痢や便秘を繰り返してしまう経験をされます。そこで、妊娠初期の下痢と便秘を繰り返す原因はどのようなものかまとめてみました。妊娠初期の下痢や便秘で悩まれているママさんは、是非参考にしてみてください。


スポンサーリンク



妊娠初期の下痢と便秘の原因

妊娠初期の下痢と便秘の症状は、ほとんどのママさんたちが経験される症状です。ママさんたちにとっては、下痢と便秘を繰り返す非常に辛いですよね。妊娠することによって妊娠特有の悩みが増える環境で、下痢や便秘の症状が繰り返されるのは本当につらいと思います。この妊娠初期の下痢と便秘の症状をほとんどのママさんたちが経験されるには原因があります。

妊娠初期の下痢及び便秘のほとんどは、プロゲステロンホルモンの分泌が原因であると言えます。プロゲステロンホルモンは、妊娠初期に子宮の収縮を抑える働きをするために大量に分泌されるようになっています。そして、このプロゲステロンホルモンは、子宮の収縮を抑える働きをすると同時に胃腸の働きまで抑えてしまうのです。大量に分泌されたプロゲステロンホルモンによって胃腸の働きが抑えられることにより、下痢や便秘の症状が妊娠初期から出てしまいます。

つまり、ほとんどのママさんたちが経験する妊娠初期からの下痢と便秘は、プロゲステロンホルモンの分泌が原因となり、下痢と便秘を繰り返してしまうのです。

プロゲステロンホルモンの分泌以外の妊娠初期の下痢と便秘の原因

妊娠初期の下痢と便秘の症状の原因として、上述のようなプロゲステロンホルモンの分泌以外には、食生活の乱れが挙げられます。妊娠初期に入ると、規則正しい食事を取ることがなかなかできにくくなります。また、何日も食欲がなくて安部手なかった場合には、反動で暴飲暴食をしてしまう場合もあるでしょう。このような食生活の乱れにより、下痢や便秘を起こしやすくなります。

また、運動不足やストレスも下痢や便秘の原因になります。


スポンサーリンク



妊娠初期の下痢と便秘で流産の可能性は

妊娠初期の下痢や便秘の症状が、上述のようなプロゲステロンホルモンの分泌、食生活の乱れ、運動不足やストレスが原因である場合には、流産の心配は要りません。

流産の危険性がある妊娠初期の下痢と便秘とは

妊娠初期の下痢や便秘の症状は直接的には流産の原因にはなりませんが、激しい腹痛や何日も継続する腹痛などを伴っている場合には、流産の可能性がありますので注意する必要があります。もし、激しい腹痛や何日もおさまらない腹痛がある場合には、早めにかかりつけの産婦人科を受診して医師の指示に従いましょう。

妊娠初期の下痢と便秘を改善するためには

妊娠初期の下痢と便秘を改善するためには、リラックスした環境でゆったりと過ごすことが大事です。自分の好きな音楽を聴いたりするなど、なるべくストレスを溜めない生活を心がけましょう。

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク