妊婦

妊娠初期症状としての下痢のような腹痛の痛みを心配される方が多いようです。妊娠初期には、下痢のような腹痛の痛みの症状が出やすい傾向にあります。ほとんどのママさんが妊娠初期に下痢のような腹痛を経験されております。そこで、妊娠初期に起きやすい下痢のような腹痛の症状はどのようなものか、そして、妊娠初期症状の下痢のような腹痛の痛みの原因は何かについて調べてみました。妊娠初期症状としての下痢のような腹痛の痛みを心配されている方は、是非、参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



妊娠初期症状の下痢のような腹痛の痛みの原因

子宮の成長

妊娠初期症状としての下痢のような腹痛の痛みの原因は、主に、子宮が大きく育っていくことが挙げられます。子宮は、将来の赤ちゃんを育てる環境を作るために、大きく成長していきます。この子宮の成長により、子宮の周りの筋肉が引っ張られることにより、チクチクしたような腹痛の症状が出ます。

つまり、チクチクしたような腹痛がある場合には、赤ちゃんを育てるために子宮が大きく成長しているんだなと思いましょう。

便秘による腹痛

子宮の成長により、子宮の周りにある腸が圧迫されます。この圧迫により、便秘になりやすくなります。そして、下痢のような腹痛の痛みが起きてしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠初期に入ると、ホルモンバランスが変化します。ホルモンバランスが変化すると、自律神経を乱してしまい、下痢のような腹痛や、下痢の症状が起きやすくなります。また人によっては、この自律神経の乱れによって、便秘の症状が出ることもあります。

プロゲステロンのホルモン

妊娠初期に入ると、ホルモンバランスが変化しますが、特に妊娠するために必要なプロゲステロンというホルモンが分泌されます。このプロゲステロンのホルモンは、妊娠するために必要なホルモンですが、腸の働きを抑制する作用をもっています。

つまり、プロゲステロンホルモンにより、腸の働きが抑制されて、腸の動きが鈍くなり、その結果、下痢や便秘の症状を引き起こしてしまいます。

ストレス

妊娠初期に入ると、ホルモンバランスが変化すると、自律神経が乱れやすくなりますが、ストレスも溜まりやすくなってしまいます。無事に元気な赤ちゃんを産むことができるかな、流産しないかななどと不安や悩みでストレスを抱え込みやすい時期に、これらのストレスに加えて、自律神経の乱れによるストレスが加わると、精神的に非常に大きなストレスを溜め込んでしまい、このストレスによって、下痢のような腹痛の痛みや、下痢、便秘の症状が出てきます。

妊娠すると、ママの体は、赤ちゃんを産むための環境づくりが始まり、体の中でいろいろな変化が出て、精神的にも肉体的にも辛くなりますが、これは、妊娠したほとんどのママが経験されることですので、必要以上に悩まないことが大事になってきますね。


スポンサーリンク



妊娠初期症状の下痢のような腹痛の痛みがひどい時には

妊娠初期症状の下痢のような腹痛の痛みがひどい時がありますよね。今日は、いつもよりも腹痛の痛みが激しいなと思うときが何度か訪れるかと思います。そのような時は、無理をせずにゆっくりと安静に過ごすようにしましょう。妊娠初期症状の下痢のような腹痛の痛みの主な原因は、子宮の成長による子宮周りの筋肉の緊張ですので、腸の周りを特に動かすような運動をすると、その運動によって子宮周りの筋肉が引っ張られて、余計に腹痛の痛みが増すことになってしまいます。いつもよりも腹痛の痛みが激しいときには、体を動かすことを避けてゆっくりと安静に過ごしましょう。

下痢のような腹痛の痛みが大きくなった場合

妊娠初期において、下痢のような腹痛の痛みが何日も継続して続き、その痛みも多きくなる場合などには、すぐにかかりつけの医師に相談しましょう。そのような痛みがある場合には、流産などのサインの可能性があります。常に、自分の体の変化に気づくように妊活を送り、少しでも変だなと感じた場合には、自己判断せずに、ますはかかりつけの医師に相談すように心がけましょう。

まとめ

多くのママさんが、妊活初期から出産まで、いろいろな痛みや辛さを感じて過ごしています。あなただけではありません。周りのママさんもあなたと同じように痛みや辛さに耐えて、元気な赤ちゃんを出産されていますので、妊娠中は辛くて大変ですが、ご自分の体を第一に考え、リラックスした環境で過ごして生きましょう。

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク