ハート

妊活は何をするのか具体的によくわからない人も多いようです。もちろん、妊活は妊娠するための活動だと理解していても、具体的には何をするかはっきりと頭に浮かべることが難しいのではないでしょうか?そこで、妊活中には何をすればよいかまとめてみました。妊活の興味のある方やこれから妊活をはじめられる方はぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク



妊活は何からやればよい?

妊活はまず何をやればよいか迷いますよね。特に、初めて妊活を送られるカップルでは、何から手をつけたらよいか悩まれると思います。

初めにやることと言えば、女性の基礎体温表を作ることではないでしょうか?基礎体温表は、毎日、基礎体温を測ってそれを記録して表を作ることです。

妊活では基礎体温表作りから

基礎体温表は、妊娠するためには欠かせないツールです。基礎体温表を見ることにより排卵日がいつなのかを予測するために必要だからです。基礎体温表からご自分の排卵日が分かれば、妊娠できるタイミングを知ることができます。

従って、基礎体温表はより正確に作ることで、より正確な排卵日を知ることができます。基礎体温表を正確なデータとして作り上げるためには、毎日の体温を測定する時間を決まった時刻にすることが大事です。例えば、朝起きたときにご自分の体温を測ることもよいでしょう。また、一日のうち、朝、昼、夜の三回を決まった時刻に測定することも、一日のご自分の体温の変化を正確に知ることができるため、排卵日がいつなのかはっきりと知ることができると思います。

妊活ではタイミングが重要

上述のように、ご自分の排卵日が分かったら、次に、大事なことは、その排卵日の数日前にタイミングを合わせることです。これは、パートナー二人が協力してやる必要があります。適当にタイミングを増やせば、妊娠できるとは限りません。妊娠するための決まった日にタイミングを合わせないとなかなか妊娠することはできないので注意が必要です。


スポンサーリンク



妊活ではストレスを溜めない生活を

妊活中には、妊娠できない焦りや不安などからプレッシャーやストレスが大きくなってしまいがちです。特に、年齢が高くなると、タイミングを排卵日の数日前に合わせても妊娠できる確率は低くなってしまいます。現代社会においては、妊娠する女性の年齢も高くなっており、妊活でストレスを溜めないことが非常に大切になってきます。

妊活中に、軽めの運動、例えば、ヨガや散歩、ストレッチなどを取り入れて、日ごろからストレス発散をする場を持つようにしましょう。運動することで、ストレスを発散してリフレッシュすることができ、妊娠しやすい体つくりを助けてくれます。

妊活中には妊活サプリも活用

妊活中には、ヨガなどの運動を取り入れることに加えて、妊活サプリを活用することもお勧めです。妊活サプリは、妊娠するために必要な栄養素である葉酸やマカなどを含んでおり、これらの妊活サプリを取り入れることで、体の内面から妊娠しやすい体をサポートしてくれます。

妊活中にはパートナーとの時間を大切に

妊活中には、パートナーとの時間をなるべく多くとることも大切です。パートナーとの時間を多くとり、自分の悩みや不安を打ち明け、そのようなコミュニケーションをとることで夫婦間の信頼も高まり、妊娠の可能性を高めることができます。ぜひ、妊活中は、夫婦のコミュニケーションを多くとりましょう!

まとめ

いかがでしたか?妊活中に何をするか具体的に分かっていなかった方でも具体的にイメージできたと思います。ぜひ、参考にしてお二人の妊活を素晴らしい時間にしてくださいね!また妊娠は女性だけの努力ではできず、夫婦二人の共同作業であることをパートナーである男性に理解して妊活をはじめましょう!最初が肝心です。男性と妊活についてじっくり話し合って妊活をはじめてくださいね!

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク