ブランコ

妊活中に運動をした方がよいか悩む方が多いと思います。妊活中に激しく動く運動はもちろんよくないと理解されていても、どのくらいのレベルの運動であれば妊活中に行ってもよいのか気になるかと思います。そこで、妊活中に行うことができる運動について調べてみました。妊活中の運動について少しでも気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



妊活中の運動はしたほうがよいのか?

妊活されている女性の中には、妊活中の運動は行ったほうがよいのか一度は気になって考えたことがあるのではないでしょうか?

結論から述べますと、妊活中にも運動を生活の中に取り入れたほうが妊娠するための体づくりをサポートしてくれるため良いです。もちろん、妊活中に取り組む運動は、激しい動きをするものではなくて、軽めの運動になります。

妊活中においても軽い運動したほうがよい理由は、ストレス発散ができることや、ホルモンバランスを整えることなど、妊娠するための体作りのために必要だからです。ストレスを体に溜めていくと、体のホルモンバランスを崩すなどの妊活には悪影響を与えてしまいます。妊活中でなくても運動をすることでストレスを発散することができたり、リフレッシュした経験はあるかと思います。

妊活中の運動は散歩などがよい

妊活中の運動は、軽めの運動がよいのですが、その中でもおすすめが、散歩やヨガなどです。散歩やヨガは、軽い運動でありながら体の全体を使うことができ、ストレッチ効果もあり、かなりおすすめです。特に、散歩は、散歩コースをいろいろと変えることで景色が変わり、ストレス発散やリフレッシュの効果が非常に大きいですよね。音楽を聴きながら散歩やヨガをすることも良いと思います。

妊活中の散歩は夫婦二人がベスト!

妊活中の散歩は、パートナーである男性と一緒にすることもできる運動ですよね。夫婦二人で週末30分程度の散歩をするなんて素敵ではないでしょうか?夫婦二人でコミュニケーションをとりながらゆっくりと散歩する時間を取り入れることで、夫婦の信頼関係も大きくすることができ、妊活中の運動としては最もよい運動だと思います。

散歩しながら、普段では言えないような悩みなどをパートナーに聞いてもらうだけでかなりリフレッシュすることができます。


スポンサーリンク



妊活中のヨガはながらでもできる

妊活中にヨガを取り入れる場合には、テレビを見ながらあるいは音楽を聴きながら自分の部屋で行うことができますよね。気軽に生活に取り入れることができると思います。ちょっとした隙間時間を利用して行うことができるメリットがあります。

妊活中に運動をしなかったら

妊活中に運動をしなかった場合、ストレスを溜めやすいなどの妊活にとって悪影響がでやすくなります。特に、妊活中には、妊娠できるかなあという不安や焦りから、ストレスが溜まりやすい環境で生活しなければなりません。妊活を続けながら仕事を続けられている方は、仕事や人間関係などのストレスも加わり、妊活の女性にとってはこのようなストレスは大敵です。このようなストレスがたまると、ホルモンバランスを崩したり、生理が不順になるなどの影響が出やすくなります。従って、散歩やヨガなどの軽めの運動を妊活中に取り入れて少しでもストレスを溜めない体つくりをしましょう。

妊活中の運動ははじめは週1回からでよい

妊活中の散歩やヨガなどの運動は、はじめから多くの時間を割いて行う必要はありません。少しストレスが溜まってきたなとか、リフレッシュしたいなと感じてきたときに散歩やヨガなどの運動をするペースで十分です。例えば、週1回からはじめられるのも良いかと思います。無理しない範囲で自分に合った軽めの運動を生活に取り入れてみましょう!妊活中に運動を取り入れることで、リフレッシュした妊活をご夫婦で送ることができると思います。

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク