ハート

妊活をはじめたけどなかなか妊娠できない場合にタイミング療法という不妊治療法があります。妊活をはじめた夫婦で妊娠するためのタイミング療法はどのような不妊治療法であるか気になりますよね。そこで、妊活中のタイミング療法とはどのような不妊治療法であるかまとめて見ました。タイミング療法に気になる方は是非参考にしてみてくださいね


スポンサーリンク



妊活のタイミング療法が医師が指導する

妊活中のタイミング療法は、一般的には、医師がご夫婦にとって最も良いタイミングを教えてくれる不妊治療法です。特に、男性側にも女性側にも妊娠するための問題がない場合には、医師の指導に基づくタイミング療法を行えば、非常に高い確率で妊娠することができます。

妊活のタイミング療法を行う期間

妊活中のタイミング療法を行う期間は、個人差もありますが、上述のように男性側にも女性側にも妊娠するための問題がない場合には、半年程度のようです。すなわち、このようなご夫婦のケースでは、半年後には、妊娠されているご夫婦が多いということになります。

妊活のタイミング療法をはじめるには

妊活中にタイミング療法を始めるためには、医師に相談するところから始まります。もちろん、医師であっても他人に不妊の悩みを相談するのは抵抗があると思いますので、信頼のある医師に相談するようにしましょう。例えば、女性の場合は、男性の医師よりも女性の医師の方が相談しやすいかもしれません。

妊活のタイミング療法では基礎体温表が必要

信頼できる医師に相談した後は、自分で基礎体温を毎日測定し、基礎体温表を作ることがタイミング療法では必要になります。
基礎体温表をなぜ作るのかといいますと、排卵日がいつになるのかを知るためです。基礎体温表を見てご自分の体温の変化を読み取ることにより、排卵日の時期がいつごろになるか知ることができます。

従って、基礎体温表は正確に作成しなければなりません。例えば、毎朝、起床時にご自分の体温を測るなど決まった時間で基礎体温を測定することにより、より正確な基礎体温表を作成することができます。


スポンサーリンク



排卵日の数日前にタイミングを合わせる

排卵日がいつごろになるかわかったら、次は、その排卵日の数日前にタイミングを合わせます。このタイミングも、医師によってアドバイスが行われるので、ご自分でタイミングがいつなのかわからなくても大丈夫です。医師がきちんとアドバスをしてくれますので、アドバイス通りにタイミングを合わせるようにご夫婦で協力し合いましょう。排卵日の数日前にタイミングを合わせるということは、月に一度しかチャンスがありません。ですから、ご夫婦でこのタイミングを逃さないようにする必要があります。

医師による超音波検査

上述のように、タイミングを排卵日の数日前に合わせた後には、医師によって超音波検査があります。この超音波検査は、排卵が確実にあったか確認をするための検査です。

妊娠の確認は?

妊娠しているか否かの判断は、妊娠してからおよそ6週間前後で行われます。これは、赤ちゃんの心拍を確認できるのが妊娠してから6週間程度かかるためです。

妊活のタイミング療法で重要なこと

妊活のタイミング療法で最も重要なことは、排卵日の数日前にタイミングを合わせるということです。このタイミングは、月に一度しかないため、ご夫婦で協力し合って月に一度のタイミングを逃さないようにしましょう。

また、マカなどの妊活サプリを補助的に使用することでよりタイミングを確実にすることができます。マカなどの妊活サプリを使用する場合には、タイミング療法を指導してもらっている医師に相談しましょう。

妊活中のタイミング療法は、体にも負担がない自然妊娠ですので非常に取り組みやすい不妊治療と言えます。また、適時、医師による超音波検査などで状態を把握してくれるため安心して取り組むことができます。そのためには、信頼できる医師に相談することが重要となります。

ぜひ、妊娠がなかなかできずに悩まれている方は、タイミング療法を活用してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク