妊娠女性

妊活中のお酒はいつまで大丈夫なのか妊活中のご夫婦にとっては気になりますよね。妊活中にお酒をいつものように飲んでいても大丈夫だと思われる方は少ないと思います。むしろ、妊活中はお酒は避けたほうがいいのかもと気にされながら、少しなら大丈夫かなとついつい飲んでしまう方も多いのではないでしょうか?妊活をされる前からお酒をいつも摂取されている方はお酒の影響を心配しながら飲んでおられると思います。そこで妊活中のお酒は大丈夫なのか調べてみました。妊活中のご夫婦でお酒を飲まれている方に、妊活中のお酒について少しでも参考にしていただけたら幸いです。


スポンサーリンク



妊活中のお酒で妊娠は大丈夫?

妊活中にお酒を飲んでいて、妊娠は大丈夫なのかな?元気な赤ちゃんを無事に産むことができるのかなと不安になることがあると思います。この不安は、実際に赤ちゃんを産む女性だけでなく、相手の男性にとっても不安なことだと思います。頭の片隅にお酒は妊娠や赤ちゃんに良くないと留めているんだけど・・・と思われいる方は多いと思われます。妊活中にお酒を摂取される方は、妊活前にもお酒を普段飲んでいた方がほとんどだと思います。なので妊活をはじめても普段どおりの生活環境を変えることは難しいですよね。妊活中のお酒は大丈夫かなと心配しながらもお酒を飲んでしまうのは無理はないと思います

一般的には、妊娠がわかると、医者からお酒やたばこを控えるように注意されると思います。妊娠していることがはっきりと分かった段階で、お酒やたばこを控える方がほとんどだと思います。ですので、妊娠前の妊活中においては、妊娠しているかどうかわからないため、妊活前の環境と同じくお酒を摂取してしまうのが実情だと思います。妊娠前の環境では、医者から指導されることもないので、自分から積極的にお酒を控えることはなかなか難しいですよね。

妊活中のお酒がいつまで大丈夫なのか、妊活中のお酒はどの程度の摂取量で妊娠や将来の赤ちゃんに影響するかは、はっきりとわかっていないのが現状のようです。

また、妊活中のお酒の影響は、個人差があるようで、妊活前と同様にお酒を摂取していても、きちんと妊娠をして元気な赤ちゃんを産んでいる方もいれば、妊活中に少量のお酒を飲んだだけで妊娠することがなかなかできない方や赤ちゃんに悪影響を与えてしまった方もおられるようです。

従って、これだけの摂取量なら妊活中にお酒を飲んでも大丈夫という基準はありません。
また、妊活中のいつまでであれば、妊娠や赤ちゃんに対してお酒の影響はないとも言い切ることはできないようです。

そして、妊活中のお酒の摂取による妊娠や赤ちゃんへの影響は、個人差があるようです。
しかしながら、女性に関していえば、妊活中のお酒の摂取は、女性ホルモンの分解や吸収の働きに悪影響を与えることが確認されているため、できるなら妊活をはじめられてからすぐのタイミングでお酒をやめるのが好ましいようです。妊活中のお酒の摂取量がこれだけなら大丈夫という保障がないからです。自分はお酒に強いから妊活中のお酒の摂取は大丈夫だとか思わないほうがいいですよね。

誰だって自分のかわいい元気な赤ちゃんを産みたいですよね!後でお酒を飲まなければよかったと後悔しないためにも妊活に入ったらお酒を飲むのを控えましょう!後悔しない妊活を送りましょう!


スポンサーリンク



妊活中にお酒を摂取中に妊娠判明したが赤ちゃんは大丈夫?

妊活中にお酒を摂取していて、気づいたときにはお腹に赤ちゃんがいることがわかったと思われる方が多いのではないでしょうか?

妊活中にいつのタイミングで妊娠するかはっきりとわかりませんからね。通常は、妊娠検査薬で反応して病院に行き、そこで妊娠しているかどうかを確認されると思います。

従って、妊活中においてお酒を摂取中に妊娠に気づいた後、妊活中に飲んでいたお酒で赤ちゃんは大丈夫なのかと不安になる方もおられると思います。特に、妊娠検査薬でチェックする前日近くまでお酒を摂取していた場合には不安になりますよね。

上述のように、妊活中のお酒の摂取が妊娠や赤ちゃんへの影響がどのくらいあるかは個人差があるのでどのくらいの量だと大丈夫だという基準はありません。

また、妊活中のいつまでであればお酒を飲んでも大丈夫だという基準もありません。

従って、妊活中にお酒を飲んでいた方は、妊娠したことがわかった時点でお酒を断つことが一番望ましいと思います。

そして、妊娠しているのに気づかないままお酒を飲んでしまっていたけど大丈夫なのかなと必要以上に悩まないことが肝心です。時間を戻すことはできないですし、お酒を飲んでいたことは消すことができないので、今やれることは、妊娠したことが判明した時点でお酒を断つことだけです。過去のお酒の摂取での心配を必要以上にしないことです。

必要以上に心配していると、逆にそのストレスでお腹の赤ちゃんに悪影響を与える可能性がありますのでね。過去のお酒の摂取の心配はしないことをお勧めします。

妊活中のお酒はストレスが原因なら・・・

妊活中にお酒を摂取される方の中には、お酒が大好きな方以外に、ストレスを解消するためにお酒を飲んでいる方もおられると思います。妊活自体のプレッシャーのストレスや、仕事や人間関係などいろいろなストレスがあると思います。人間なら当然ですよね。ストレスがない人なんかいないと思います。

しかし、仮に、ストレスを解消するために妊活中においてもお酒を摂取しているのであれば、是非、妊活中のお酒を控えるようにしましょう。ストレス解消のために妊活中にお酒を飲んで、それが原因で妊娠や将来の赤ちゃんに悪影響を与えてしまったら後悔後にたたずですからね。こんなに辛くて悲しいことはありません。

まずはストレスの原因を突き止めて、お酒ではなく別の手段でそのストレスを少しでも解消できるようにしましょう。ストレスのために妊活中にお酒を飲んで後で悔やむことがないようにしたいですよね。妊活中のお酒の摂取が大丈夫かどうか個人差があるにしても、お酒の摂取が妊娠や赤ちゃんに良い影響を与えることはないですからね!

妊活中のお酒は控えるのが一番!

以上のように、妊活中のお酒はいつまでなら大丈夫という基準はないですし、妊活中のいつまでであればお酒を飲んでも大丈夫だという基準もないですし、また妊活中のいつのタイミングで妊娠するかわからないことを思慮すると、後悔しない為に、元気な赤ちゃんを産むために、妊活中のお酒は控えるのが一番いいと思います。

お酒を急に断つのが難しい場合には、少しずつでもお酒の摂取量を減らしていくなどの工夫をしましょう。

また、夫婦でお互いに協力しながら妊活していくことが大事ですよね!

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク