葉

妊活で妊活サプリではなく漢方を取り入れている方も増えてきているようです。漢方は市販で買えるものもあります。妊活で漢方を考えられている方は市販の漢方を一度試されてはいかがでしょうか?妊活で効果的な市販の漢方について調べてみました。ぜひ、参考にしてみてください。


スポンサーリンク



妊活で漢方の効果

妊活で葉酸やマカなどの栄養素を多く妊活サプリを取り入れたことがある方は多いですが、市販などの漢方を取り入れた方も最近増えてきているようです。市販などの漢方には、妊活で妊娠しやすい体を作るための、血液の循環改善、冷え防止、貧血防止などのサポート効果があるようです。また、漢方のデメリットとしては、効果がすぐにあらわれるのではなく、徐々にあらわれるようですが、体への負担や副作用が小さいメリットがあります。

妊活でのおすすめの漢方の種類

妊活での漢方のおすすめの種類は、4つほどあります。まず、一つ目は、加味逍遥散(カミショウヨウサン)です。加味逍遥散の漢方は、血液の循環を改善させてくれる働きがあると共に、女性のホルモンバランスの乱れを整えてくれる働きなど、妊活にはありがたい多くの効果があります。

二つ目は、婦宝当帰高膠(フホウトウキコウ)という漢方です。婦宝当帰高膠の漢方には、女性に多い貧血症や腰痛、腹痛、生理痛など、女性特有の悩みを改善してくれる働きがあります。妊活中の女性にとっては大変ありがたい漢方です。

三つ目は、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)という漢方です。当帰芍薬散の漢方も、婦宝当帰高膠の漢方と同様に、貧血症状や生理不順などの女性特有の悩みを改善してくれるほか、疲労や、頭痛、肩こりなどの症状も和らげてくれる働きがあります。

四つ目は、温経湯(ウンケイトウ)という漢方です。温経湯の漢方は、血液の循環や、生理痛、冷えなどを改善してくれる働きがある漢方です。


スポンサーリンク



妊活で使える漢方は市販可能

上述の加味逍遥散(カミショウヨウサン)、婦宝当帰高膠(フホウトウキコウ)、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、温経湯(ウンケイトウ)は、市販で購入できます。中には、ネットでも購入できるものもあります。

市販の漢方を購入するよりも医師に相談

漢方は、市販で購入することができますが、コスト面や安全面を考慮すると、医師に相談して処方してもらうほうがよいかもしれません。また、医者に処方してもらうほうが、ご自分にあった漢方を選んで処方してくれるメリットがあります。

市販の漢方の注意点

妊活中に市販の漢方を取り入れたいと考えられている方は、漢方の効果をすぐに求めないことに留意する必要があります。漢方は、薬とは異なり、即効性がなく、数ヶ月摂取することで効果が出てくるものなので、じっくりと効果が出るのを待つ必要があります。

ご自分の体に合わない場合もあるので、摂取量を守りながらご自分の体の変化を見守りましょう。少しでも体に合わないようであれば、医師に相談しましょう。

市販の漢方を購入して摂取する場合は、用量等を良く守り、自己責任で対応する必要があります。漢方は、体への負担は小さいものの、ゼロではありませんし、製造メーカーによっても品質が異なりますので、よく検討して購入することが大切です。

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク