ブルーライト

妊娠下ろす期間や時期がいつまでなのか中絶を検討されている人は気になると思います。妊娠下ろす期間や時期を知っておくことは中絶を検討されている方には大切なことです。そこで、妊娠下ろす期間や時期について詳しく説明したいと思います。妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を中絶して下ろすことをお考えの方は、参考にしてみてください。


スポンサーリンク



妊娠下ろす期間は法律で定められている

妊娠を下ろす期間は、法律で定められております。いつでも妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を中絶しておろすことは法律上認められておりません。中絶期限は法律で定められています。

妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす期間

妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を中絶で下ろす期間、すなわち、中絶可能な時期は、いつからいつまでなのか、中絶期間は何ヶ月なのかについては法律で定められています。

妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を中絶で下ろす期間は、妊娠週数が22週未満の時期に限定されています。従って、妊娠22週を超えると、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を中絶で下ろすことは、法律で原則認められていません。

つまり、中絶期間は、妊娠週数が22週未満までであることをしっかりと認識する必要があります。そして、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろすタイミングが妊娠週数がいつのときかしっかりと確認する必要があります。

妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす期間が妊娠12週未満の場合

中絶を検討されている方のほとんどが、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす期間が妊娠12週未満の間に、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)をおろす中絶手術をされています。

妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす期間が妊娠12週未満の「初期中絶」と呼ばれています。「初期中絶」は、後で述べる「中期中絶」よりも体への負担は軽いです。

妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす時期が妊娠22週未満の場合

妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす期間が妊娠12週以上で妊娠22週未満の間に、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)をおろす中絶を「中期中絶」と呼ばれています。

そして、中期中絶は、ママのお腹にいる子供の赤ちゃん(胎児)はかなり成長した状態にあり、妊娠中期における中絶は、「死産」と扱われます。中絶を検討されているのであれば、中期中絶よりも初期中絶の方が肉体的にも精神的にもダメージが少ないと考えられます。

妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす時期は、妊娠12週未満の期間に行われる初期中絶の時期か、妊娠12週以上で妊娠22週未満の期間に行われる中期中絶の時期に限られます。

妊娠22週以降は、「妊娠後期」と呼ばれますが、妊娠後期の時期に入ると、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)をおろすことが法律上原則認められません。


スポンサーリンク



妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす時期で費用が異なる

妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす時期が妊娠12週未満なのか妊娠12週以上で妊娠22週未満の間なのかによって、妊娠した子供を下ろす中絶手術の費用も異なってきます。

中絶手術の費用

妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす期間は結構短い

中絶を検討されている方は、妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろす期間が短いことに留意する必要があります。

上述のように、中期中絶となると、ママのお腹にいる子供の赤ちゃん(胎児)が多き成長している状態であるため、死産として扱われるだけでなく、肉体的にも精神的にもダメージが大きくなります。

そう考えると、中絶時期のベストは、初期中絶可能な時期、すなわち、妊娠12週未満の期間になります。

妊娠12週未満は、本当に短い期間です。この期間の間に、中絶をするか否かを決めることは大変です。従って、相手の方や両親など、信頼できる人と一緒に相談しながら、中絶をするか否かについてしっかりと話し合いをすることが大事になってきます。

妊娠した子供の赤ちゃん(胎児)を下ろさざるを得ない事情は、人それぞれです。お一人で悩んで苦しむのではなく、本当に信頼できる人と一緒に話し合ってもらい、後悔のない決断をすることが大切です。

最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。



スポンサーリンク